気を付けたほうがいい!?地震対策にも家具転倒防止グッズ

032b747959703e0dd57cea30c5630685 s R - 気を付けたほうがいい!?地震対策にも家具転倒防止グッズ

みなさんは地震対策を積極的に行っているでしょうか?地震対策を全くしていないと、いざ地震が起こった時に倒れてきた家具の下敷きになってしまったりと事故の原因となります。

特にマンションの高い階に住んでいる方は地震に注意が必要です。高い建物は上に行けば行くほど地震による揺れが大きくなるためその分家具が倒れやすくなって危険です。

そうは言ってもしっかりと地震対策をしていれば地震による被害を少しでも減らすことができます。

そのため今回は地震によって家具が転倒するのを防止するグッズについて詳しくご紹介させていただきたいと思います。


スポンサードリンク

家具転倒グッズにはこんなものが!

34fda8f6be05fe182202e858c65f3c0d s R - 気を付けたほうがいい!?地震対策にも家具転倒防止グッズ

家具転倒防止グッズというとまず思い浮かぶものに『ストッパー』があると思います。ストッパーは家具の転倒を防止するのに非常に効果的なグッズです。

ストッパーにはいくつか種類があり、L字型で壁にネジ止めするタイプのものや、逆にネジ止めを必要としないベルト式やチェーン式のものまたは突っ張り棒のようになっているものなど様々です。

メジャーな転倒防止グッズですが、それは逆にストッパーの家具転倒防止効果はとても高い証拠と言えるのでしっかりとした転倒防止を考えているのであればストッパーは是非とも購入してください。

家具を壁にネジ止め出来る場合、出来ない場合を考えて適切なストッパーを選びましょう。

他には耐震マットといった家具転倒防止グッズがあります。ジェルで出来たこのマットをテレビなどのちょっとした家具の下に敷くことで高い転倒防止効果が期待できます。

耐震マットは家具の下に敷くだけという簡単な使用方法なのでとりあえずこれを買っておくのが良いかもしれませんね。


スポンサードリンク

つけておいた方がいい箇所

ac6c4257c8df6c769cd5b18e69dd1ed4 s R - 気を付けたほうがいい!?地震対策にも家具転倒防止グッズ

家具転倒防止グッズは適当に付けてもその効果を発揮できません。

それではどうすれば良いのかと言うと、まずネジ止め式の家具転倒防止グッズの場合は壁側の強度を確認する必要があります。

ネジを取りつける壁が脆かった場合、壁ごと家具が転倒してくる恐れがあるからです。そのため出来るなら頑丈な柱の位置にネジ止めし、もし柱の位置がわからないようなら壁の下地をたたいて「コンコン」と音が鳴る位置に止めましょう。

硬い場所では「コンコン」という音がし、脆い場所では「ポコポコ」と軽い音がします。

そして、家具側も適当にネジを止めるのではなく頑丈な芯材の位置を確認し、そこにネジを止めるようにしましょう。

さらにネジ止めは一か所だけでは効果が薄いです。家具の両端に1個ずつの最低2個は付けるようにしましょう。

突っ張り棒のようなポール式のタイプのものも家具の両端に1つずつ付けるようにしましょう。

そして、ポール式のものは家具と天井の距離が近ければ近いほど効果があるので、あまり距離が離れているようであれば別の家具転倒防止グッズにするのが良いと思われます。

また、天井の強度が弱い場合地震で揺れたときに突っ張り棒が天井を貫いてしまう恐れがあるので家具と同じ横幅の厚めの板を1枚挟んでおくのが良いでしょう。

耐震マットは敷く場所が凸凹していると効果が発揮できないので、もしも家具が凸凹したところに置いてある場合は平坦な場所に移してそこで耐震マットを使うようにしましょう。

まとめ

家具転倒防止グッズというものは特別高価なものではないうえに、家具などの状況に合わせられるように様々なものがあります。

地震による被害を少しでも減らせるように一度自分の家のどの家具が倒れやすいか確認し、それにあった家具転倒防止グッズを購入してみては如何でしょうか。

マンションの高層に住んでいる方は地震の被害を受けやすいので早めの検討をオススメ致します。



スポンサードリンク