選抜高校野球大会(2014)出場校の戦力分析と比較

スポンサードリンク

選抜高校野球大会(2014)出場校の戦力分析と比較

選抜高校野球大会出場校の戦力分析と比較



IMG_0626 / Andrew_D_Lin_HY


今回の話題は、3月21日から熱戦が行われる「第86回選抜高校野球大会」です。

内容としては、標題の通り「選抜出場校の戦力分析」を行いたいと思います。

とはいえ、現地観戦に行っている訳でもないので、「各校の戦力をどのように分析するのか?」という問題が出てきます。

なので、ここは「秋季大会直近4試合の得失点」という単純明快な手法を採ってみることにします。

なお、地区大会(関東大会など)が4試合に満たない場合は、地方大会(県大会など)の成績を含めて計算します。

これにより、ある程度の戦力指標が導き出されるとは思いますが、手法が単純な分析だけに、これによって全ての評価が導き出されるわけではありませんので、その点はご了承ください。

かなりの長記事となりますが、よろしければ最後までお付き合いください。

選抜出場校の得失点


では、早速見ていきます。

駒大苫小牧(北海道大会4試合)

得点:20
失点:7
得失点差:13

八戸学院光星(東北大会4試合)

得点:34
失点:12
得失点差:22

東陵(東北大会4試合)

得点:28
失点:29
得失点差:-1

白鴎大足利(関東大会4試合)

得点:18
失点:10
得失点差:8

桐生第一(関東大会4試合)

得点:13
失点:7
得失点差:6

佐野日大(関東大会3試合・栃木大会決勝)

得点:13
失点:9
得失点差:4

山梨学院大付(関東大会3試合・山梨大会決勝)

得点:18
失点:10
得失点差:8

横浜(関東大会2試合・神奈川大会決勝、準決勝)

得点:16
失点:7
得失点差:9

関東第一(東京大会4試合)

得点:24
失点:7
得失点差:17

日本文理(北信越大会4試合)

得点:19
失点:9
得失点差:10

東海大三(北信越大会4試合)

得点:19
失点:13
得失点差:6

三重(東海大会3試合・三重大会決勝)

得点:28
失点:6
得失点差:22

豊川(東海大会4試合)

得点:18
失点:13
得失点差:5

龍谷大平安(近畿大会4試合)

得点:24
失点:12
得失点差:12

智弁和歌山(近畿大会4試合)

得点:40
失点:15
得失点差:25

履正社(近畿大会3試合・大阪大会決勝)

得点:18
失点:15
得失点差:3

智弁学園(近畿大会2試合・奈良大会決勝、準決勝)

得点:32
失点:9
得失点差:23

報徳学園(近畿大会3試合・兵庫大会決勝)

得点:26
失点:24
得失点差:2

福知山成美(近畿大会2試合・京都大会決勝、準決勝)

得点:20
失点:10
得失点差:10

岩国(中国大会4試合)

得点:22
失点:4
得失点差:18

広島新庄(中国大会4試合)

得点:18
失点:9
得失点差:9

今治西(四国大会4試合)

得点:41
失点:3
得失点差:38

池田(四国大会4試合)

得点:19
失点:17
得失点差:2

明徳義塾(四国大会2試合・高知大会決勝、準決勝)

得点:30
失点:9
得失点差:21

沖縄尚学(九州大会4試合)

得点:20
失点:6
得失点差:14

美里工(九州大会4試合)

得点:10
失点:5
得失点差:5

神村学園(九州大会3試合・鹿児島大会決勝)

得点:21
失点:16
得失点差:5

鎮西(九州大会3試合・熊本大会決勝)

得点:13
失点:12
得失点差:1

創成館(九州大会2試合・長崎大会決勝、準決勝)

得点:18
失点:4
得失点差:14

小山台(東京大会4試合)

得点:18
失点:12
得失点差:6


海南(近畿大会1試合・和歌山大会3試合)

得点:20
失点:11
得失点差:9

大島(鹿児島大会4試合)

得点:20
失点:14
得失点差:6

スポンサードリンク

得失点差の比較考察


以上のような結果となりました。

地方大会の試合が入ると、どうしても得失点差が大きくなる傾向が強いようです。

ややフェアではありませんが、この枠組みで比較を行ってみます。

まず、得点が多い3校を挙げると、

今治西:41
智弁和歌山:40
八戸学院光星:34

次に、失点が少ない3校を挙げると、

今治西:3
岩国:4
創成館:4

最後に得失点差が多い3校を挙げてみます。

今治西:38
智弁和歌山:25
智弁学園:23

となりました。

四国大会優勝の今治西が全てのランキングで首位となりました。

今治西は四国大会の1回戦で22点、決勝戦で10点を挙げたのが大きく働いたようです。
失点の方もエースの神野靖大が、強力な明徳義塾・池田打線を連続完封で押さえ込んでいます。

智弁和歌山は近畿大会1回戦から準決勝まで二桁得点をマークしています。
準決勝の報徳学園戦で8失点していますが、打撃面でカバーし、得失点差で2位につけています。

智弁学園は奈良大会の準決勝と決勝で二桁得点、近畿大会1回戦で8点を奪っています。
失点の方も奈良大会決勝で7失点した以外は安定した戦いを見せています。

※選抜大会特設ページを設置しました。ここに選抜関連の記事をまとめておきます。
センバツロゴ

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ