第46回明治神宮野球大会(2015年)大会日程と出場枠

スポンサードリンク

第46回明治神宮野球大会(2015年)大会日程と出場枠

第46回明治神宮野球大会(2015年)大会日程と出場枠


大会日程と出場枠

先ほどは第88回選抜高校野球大会の記事を書いたのですが、肝心の第46回明治神宮野球大会のことを書いていなかったので、ここで紹介していきます。

明治神宮野球大会は、明治神宮と日本学生野球協会主催で行われる秋の学生野球の大会で、高校生の部と大学生の部があります。

ここでは高校・大学の両方の大会日程などを見ていきたいと思います。

なお、大会の概要につきましては下記の記事をご覧下さい。

⇒ 明治神宮野球大会(高校・大学)の出場方法


第46回明治神宮野球大会 高校生の部


大会日程:11月13日~17日
出場枠:10校


高校生の部は、現在開催されている「秋季高校野球大会」の成績によって出場校が決定します。

各10地区(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越・近畿・中国・四国・九州)の地区大会優勝校が1校ずつ出場できる仕組みです。

高校生の部は、来年開催される選抜高校野球大会(春の甲子園)にも大きな意味を持ち、この大会の優勝校が所属する地区の出場枠が1枠増えます(通称・明治神宮大会枠)。

なので、この第46回明治神宮野球大会に出場する選手たちは、来年度の選手たち(新チームの選手)ということになります。

10校という出場枠なので、1回戦を戦うのが4校、2回戦から登場が6校となり、この組みわせはクジで決定します。

スポンサードリンク

第46回明治神宮野球大会 大学生の部


大会日程:11月13日~18日
出場枠:11校


大学生の部は、全国に26ある大学野球リーグから11校が出場できる仕組みになっています。

この11校を決定する方式ですが、東京六大学野球連盟と東都大学野球連盟はリーグ戦で優勝することによって、明治神宮大会への出場が可能になります。

ですが、その他の24連盟の場合は、各地区ごとに代表決定戦を勝ち抜いての出場となります。

また大会日程も11校出場から、高校生より1日長く設けられており、今大会では18日までの大会となっています。

この大会に出場するのは、現在のチームの選手たちとなります。卒業を控えた4年生も出場できるというわけですね。

今年のドラフト会議は10月22日なので、もちろん指名された選手たちも参加することになります。これを見て、贔屓チームの新人選手をチェックするのも楽しみの一つですね。


※組み合わせが決定しました。

⇒ 第46回明治神宮野球大会(2015年)組み合わせトーナメント決定!


※高校野球秋季大会・明治神宮野球大会特設ページを設置しました。
button_002


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ