2015年プロ野球 セパ順位予想紹介(里崎智也編)

スポンサードリンク

2015年プロ野球 セパ順位予想紹介(里崎智也編)

2015年プロ野球 セパ順位予想紹介(里崎智也編)



Hawk Flying above Calero Park / donjd2


今回紹介するのは、元千葉ロッテマリーンズの捕手を務めた里崎智也氏の順位予想です。

里崎氏と言えば、ロッテの正捕手としてWBCでも活躍したことは記憶に新しいと思います。昨年、現役を引退して今後は野球解説者に就任するようです。

これまではセパを分けていましたが、他に併せて紹介する方がいないため、今回はセ・リーグとパ・リーグを併せて紹介していきます。

記事のネタ元は以下の記事になります。

⇒ 2015年のセ・パは、こうなる!(アスリートジャーナル)


それでは見ていきましょう。

スポンサードリンク

里崎智也のセ・リーグ順位予想

(1)広島
(2)巨人
(3)阪神
(4)ヤクルト
(5)中日
(6)DeNA

里崎智也のパ・リーグ順位予想

(1)ソフトバンク
(2)オリックス
(3)ロッテ
(4)西武
(5)日本ハム
(6)楽天


里崎氏の予想は上記のようになりました。

まずセ・リーグですが、Aクラスの3チームは他の予想者たちと同じようになっています。

優勝を広島としたのは、前年予想の巨人と比較して相対的に予想したようです。まず巨人の不安要素は「捕手事情」ということです。

正捕手の阿部選手をファーストへコンバートし、今季の正捕手はプロ2年目の小林選手とFA移籍の相川選手で争われることになります。やはり経験が必要な捕手というポジションだけに、元捕手の里崎氏らしい予想と言えるでしょう。

そして広島は前田投手・黒田投手・大瀬良投手の3本柱を中心とした投手陣、センターラインが好調の野手陣ともに高い評価を受けたようです。

3位予想の阪神は、鳥谷選手の残留に加え、メッセンジャー投手・藤浪投手・能見投手や中継ぎ陣の堅固さが評価を受けた形となりました。

4位予想のヤクルトは、ショートの大引選手をFAで獲得し、投手も成瀬投手が加入したことにより投手の駒が揃ってきました。

5位の中日は主力の高齢化と投手陣の上積みのなさ、最下位予想のDeNAはグリエル選手の途中離脱(国際試合出場のため)が確定している点と投手陣の駒不足が指摘されていました。


続いてパ・リーグは、「日本一となったソフトバンクとオフに大補強をしたオリックスの優勝争い」と評されています。

両チームの中でも投手野手の選手層の厚さでソフトバンクに軍配が上がったようです。一方のオリックスは、新補強メンバーのプレッシャーが指摘されていました。

3位に予想されたのは、昨年まで所属していたロッテです。デスパイネ選手の残留が挙げられており、チーム内の捕手争いにも注目しているようです。

次に4位に予想されたのが西武となっています。先発投手には岸投手・牧田投手・野上投手と3枚揃い、打撃面も破壊力が高いので期待できそうです。

5位予想の日本ハムは、精神的支柱の稲葉選手が引退、大引選手と小谷野選手がFA移籍と戦力がダウン、最下位に予想された楽天は投手陣の層の薄さが不暗視されていました。


※プロ野球順位予想特集ページを設置しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ