2015年プロ野球 セ・リーグ順位予想紹介(広澤克実・金村義明編)

スポンサードリンク

2015年プロ野球 セ・リーグ順位予想紹介(広澤克実・金村義明編)

2015年プロ野球 セ・リーグ順位予想紹介(広澤克実・金村義明編)



Carp streamer / onigiri-kun


今回は久々にプロ野球の順位予想を行います。キャンプもスタートし、オープン戦も始まっているため、これから予想も増えてきそうです。

この度、順位予想を紹介するのは、広澤克実氏金村義明氏の両名です。

こちらの出典は、以下より読むことができます。

⇒ 広澤克実氏「中日は何もかもが不安で最下位もある」と予想
⇒ 金村義明氏が中日最下位を予想「谷繁がマスク被るようでは」


両方とも「NEWSポストセブン」からです。なぜか記事タイトルが中日メインとなっています。

また、金村氏については以前の記事「2015年プロ野球 セ・リーグ順位予想紹介(江本・金村・片岡編)」においても順位予想を紹介していますが、前回(1月下旬)の予想と変化があるようなので再度紹介していきます。

では両氏の予想を見ていきましょう!

スポンサードリンク

広澤克実のセ・リーグ順位予想

(1)広島
(2)阪神
(3)巨人
(4)ヤクルト
(5)DeNA
(6)中日

金村義明のセ・リーグ順位予想

(1)広島
(2)阪神
(3)巨人
(4)ヤクルト
(5)DeNA
(6)中日


図らずも、両氏の予想は一致したようです。

まず「優勝」と予想された広島ですが、両者の意見は「黒田復帰」「若手選手の成長」というキーワードで一致していると言えるでしょう。金村氏はともかく、広島に厳しい広澤氏が優勝を予想をするとは意外でした。

2位予想の阪神は「投手陣の充実」というポイントが紹介されており、やはり基礎戦力が他チームと比べて抜きん出ているようです。

前年優勝の巨人に関しては両者とも手厳しく、「キャンプでは阿部や村田修一に衰えが見え、坂本勇人も相変わらず一つ一つのプレーが雑に見えた」(広澤氏)、「キャンプを見てもマンネリ化していて緊張感に欠けていた」(金村氏)という具合にキャンプでの様子も紹介されていました。

そして4位に予想されたヤクルトは「補強」の成果から4位を予想、5位に置かれたDeNAは「選手と監督の信頼関係が見えず4位も難しい」(広澤氏)とのコメントが出されていました。

具体的に、どのような点において信頼関係が見えないのかは記載がありませんでした。

そして、記事タイトルにもある中日ですが、その理由が乏しかったのが残念でした。タイトルに取り上げたなら、もう少し字数を割いても良かったのではないでしょうか。


※プロ野球順位予想特集ページを設置しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ