【高校球児の進路】2015年 大学野球の注目新人選手(他連盟編)

スポンサードリンク

【高校球児の進路】2015年 大学野球の注目新人選手(他連盟編)

【高校球児の進路】2015年 大学野球の注目新人選手(他連盟編)


mit-198486_640

今回紹介するのは、以前に紹介した「東京六大学」「東都1部」「東都2部」「首都1部」以外の大学に進学予定の高校球児です。

昨今のドラフトでは、いわゆる地方リーグと呼ばれる大学野球リーグ出身者が上位で指名されるケースも多く、有名リーグ以外も注目しておきたいところですね。

では、さっそく見ていきましょう。

参考書籍:『アマチュア野球38 2015ドラフト先取り』『野球太郎』『報知高校野球』

スポンサードリンク

大学野球の注目新人選手


・伊藤将司(横浜)⇒国際武道大(千葉1部)
・続木悠登(横浜商大高)⇒日大国際関係学部(東海・静岡)
・斎藤央兆(糸魚川白嶺)⇒新潟医療福祉大(関甲信2部)
・星野晃司(地球環境)⇒青森大(北東北1部)
・白井拓舞(富士学苑)⇒横浜商大(神奈川1部)
・小沢拓馬(日大三島)⇒日大国際関係学部(東海・静岡)
・今井重太朗(三重)⇒中部大(愛知1部)
・西田大起(富山国際大付)⇒関東学院大(神奈川1部)
・梨木海佑(滑川)⇒中部大(愛知1部)
・福島孝輔(大阪桐蔭)⇒同志社大(関西)
・島原達也(太成学院大高)⇒東北福祉大(仙台六大学)
・八沢貴洋(出雲西)⇒天理大(阪神)
・立部峻長(創成館)⇒神奈川大(神奈川1部)
・崎浜秀太(浦添商)⇒朝日大(東海・岐阜)

・石川達弥(富山第一)⇒山梨学院大(関甲信1部)
・中村晴樹(不二越工)⇒八戸学院大(北東北1部)
・河合広樹(遊学館)⇒上武大(関甲信1部)
・芳野了哉(日本航空石川)⇒福井工大(北陸1部)
・西林輝一(宮崎日大)⇒横浜商大(神奈川1部)
・滝野要(大垣日大)⇒大阪商大(関西六大学)


このような進学状況となっています。昨夏の地方大会などで注目された選手たちをピックアップして紹介してみました。

特に注目しておきたいのが、昨夏の甲子園大会の優勝投手と準優勝投手の進路です。大阪桐蔭の福島孝輔投手同志社大学、三重の今井重太朗投手中部大となりました。

両投手が数年後の大学野球選手権大会や明治神宮大会で再び対戦ということになったら本当に胸熱ですね。

他の投手を見てみると、昨年の選抜の際にも取り上げた伊藤将司投手は技巧派左腕として注目されました。同じ神奈川県の続木悠登投手は1年秋に一躍話題を集めた好投手です。

日大国際関係学部に進学予定の小沢拓馬投手はシニア時代に日本一に輝くなど経験十分な投手、富山の好投手である西田大起・梨木海佑の両投手は、共に将来が楽しみな投手ですね。

太成学院大高の島原達也投手は腕の振りが鋭く変化球が冴える投手、糸魚川白嶺の斎藤央兆投手は昨年の春季大会で部員12人のチームをベスト8に導いたとして注目を集めた投手です。

野手ではパワー十分の芳野了哉選手福井工大西林輝一選手横浜商大へと進学予定です。シェアな打撃と快速がウリの滝野要選手大阪商大入りとなったようです。


※注目高校球児の進路特集ページを設置しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ