第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) 注目選手紹介【野手編】

スポンサードリンク

第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) 注目選手紹介【野手編】

第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) 注目選手紹介【野手編】


D

前回紹介した投手編に続いて、今年の選抜高校野球大会の注目選手を紹介していきます。

今回は野手編ということで、10名の選手たちを紹介していきます。

なお、今回も主に参考にさせていただいたのは『報知高校野球 2015年 03月号 センバツ特集号』です。

では、以下から注目の選手たちを見ていきます。

参考書籍:『野球太郎13』『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト注目選手図鑑』『アマチュア野球38』『報知高校野球 2015年 03月号』

スポンサードリンク

第87回選抜高校野球大会 注目捕手


柘植世那(健大高崎)
今年の高校野球界の中でも捕手としてトップの評価を得ているのが柘植世那選手です。昨年の夏の甲子園でも4試合で8打点、打率4割越えをマークしたのは記憶に新しいところでしょう。また精度の高いスローイングも魅力です。


堀内謙伍(静岡)
昨秋の静岡大会で打率5割を叩き出し、攻守の要として活躍したのが堀内謙伍選手です。昨年の甲子園で4番打者として出場するなど高い打力を備え、また安定した捕球術にも注目が集まりそうです。


第87回選抜高校野球大会 注目内野手


平沢大河(仙台育英)
仙台育英の明治神宮大会優勝の立役者となったのが優勝を決定付ける本塁打を放った平沢大河選手です。ミート力に加え長打力も兼ね備えた選手です。また遊撃手としての高い守備力にも注目でしょう。


津田翔希(浦和学院)
1年生から名門浦和学院のレギュラーとして活躍している津田翔希選手は、関東を代表する遊撃手として知られています。ポジショニングの良さとフットワークの軽さで堅牢な守備を見せます。


篠原涼(敦賀気比)
昨年の夏の甲子園でも敦賀気比のレギュラーとして活躍した篠原涼選手は、身長166センチと小柄な選手です。しかし、ミート力と手首の返しの強さを武器に安打を量産する固め打ちが魅力の選手です。


福田光輝(大阪桐蔭)
1年生の夏からレギュラーとして活躍し、昨夏の甲子園優勝を支えたのが福田光輝選手です。守備の名手として知られ、守備範囲の広さと肩の強さを自慢とする遊撃手です。


坂口漠也(天理)
昨夏の奈良県大会で大会タイ記録である4本塁打を放ったのが右の長距離砲・坂口漠也選手です。圧倒的なパワーを武器に本塁打を量産し、その実績は高校通算28本塁打を誇ります。


第87回選抜高校野球大会 注目外野手


青柳昴樹(大阪桐蔭)
夏春連覇を狙う大阪桐蔭ですが、その鍵を握っている選手は長打力が自慢の青柳昴樹選手です。力強いスイングで長打を連発するだけでなく、50メートル6秒2の俊足も魅力です。


舩曳海(天理)
今大会でも屈指の走力を誇るのが天理の1番打者を務める舩曳海選手です。一塁到達タイムが4秒を切るという脚力を最大の武器に、好打堅守と走攻守三拍子で高い能力を発揮できる選手です。


山本卓弥(神村学園)
昨年のセンバツでも本塁打を放ち、現在高校通算13本を誇っているのが山本卓弥選手です。直球・変化球の見極めが上手く、三振が少ないのも特徴の1つです。また外野手としても強肩俊足がウリです。


参考書籍の紹介


これで10選手となりました。他にも多くの名選手がいるのですが、長くなりすぎたのでここまでの紹介とします。今年のセンバツも良い選手をたくさん見ることができそうですね。

では最後に今回購入した『報知高校野球 2015年 03月号』の紹介です。この記事で一番参考にさせていただいたのでお礼の代わりに宣伝しておきます。


※第87回選抜高校野球大会特設ページを開設しました。
button_001

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ