第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) センバツ展望!優勝候補と注目高校

スポンサードリンク

第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) センバツ展望!優勝候補と注目高校

第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) センバツ展望!優勝候補と注目高校



DSC_2138 / alexxis


先日に出場校32校が出揃った第87回選抜高校野球大会ですが、すでにスポーツ紙などでは優勝予想が論じられています。

ということで、当サイトでも優勝候補と呼ばれるであろう高校を考えていきたいと思います。また、個人的に注目している高校や初出場校も見ていきます。

昨年の第86回大会の際にも優勝予想を行いました。その際に参考にしたのは、高校野球の格言「春は投手力」からチーム投手力に注目してみました。

ですが、今年は秋季大会や明治神宮大会の戦績や注目選手を見て考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

神宮大会優勝校は選抜大会で優勝できないのか?


まず確実に各所から優勝候補として取り上げられるのが、明治神宮大会優勝の仙台育英(東北・宮城)でしょう。

ですが、明治神宮大会にも格言があります。それが「神宮大会優勝校は選抜大会で優勝できない」です。たしかに大本命候補とされている割には選抜優勝が少ないです。

近年でこれを成し遂げたのが、第70回大会(1998年)の横浜、第74回大会(2002年)の報徳学園です。横浜は松坂大輔投手、報徳学園は大谷智久投手という好投手を擁していたという特徴があります。

そして今年の仙台育英の注目投手と言えば佐藤世那投手ですね。やはりエースの出来が大会の優勝に関わって来ると思います。果たして佐藤投手が過去の両投手になれるのか・・・ここがポイントですね。

もちろん勝負強いエースに切れ目のない打線と、基本戦力が充実しているため仙台育英が優勝候補の一角に挙げられることは間違いないでしょう。


昨夏の経験が好投強打に活きる


次に優勝候補に挙げられそうなのが敦賀気比(北信越・福井)です。昨夏の甲子園大会(選手権大会)でもベスト4に残ったチーム実績は大きいです。また、高校野球ファンの度肝を抜いたのが他校を圧倒する打撃力でした。

それに加えてエースの平沼翔太投手の存在も大きいでしょう。昨夏の快投にさらに磨きがかかっているので、今大会でも大注目投手と言えますね。また昨夏のレギュラーである篠原涼選手・山本皓大選手の経験も大きいと思います。

秋季北信越大会でも完全に他校を圧倒する戦力を見せつけましたが、明治神宮大会では九州学院に敗退という結果に終わりました。敗れた経験を積み冬を越したことで、選抜大会では躍進するのではないでしょうか。


戦力が充実し投打の柱の存在は頼もしい


今年の選抜大会に出場する高校の注目選手は先に挙げた2投手や県岐阜商高橋純平投手近江小川良憲投手など多く見ることができます。

その注目選手の中で投打に亘って活躍を期待されているのが勝俣翔貴投手です。この勝俣投手の所属する東海大菅生(東京)を最後の優勝候補としてみます。

やはり投打の主力、柱となる選手がいる高校は勝負強いというのが持論でもありますので。東京地区大会では準々決勝から接戦の連続となり、見ている方も手に汗握る対戦となりました。

また、神宮大会では2回戦で浦和学園に敗退しましたが、大舞台に強いチームだけに神宮球場と甲子園球場では見える景色も違うと思います。


個人的に注目している高校


では優勝候補に続いて、個人的にも注目している高校を挙げていきます。

まず21世紀枠では松山東(愛媛)です。昨夏の県大会で準優勝を果たし、昨秋の県大会でも準優勝を決めており、21世紀枠と言えども戦力が整っていると思います。甲子園出場は82年ぶりとなっているだけに、“まず1勝(甲子園初勝利)”というところですね。

同じく21世紀枠の豊橋工(愛知)は初出場となっていますが、県大会で3位と健闘し東海地区大会へも駒を進めています。特にエースで4番の森奎真選手の活躍に注目したいですね。

一般枠の初出場校からは大曲工(東北・秋田)が挙げられます。東北地区大会準々決勝では、強豪の花巻東との引き分け再試合を制しました。決勝では敗れましたが、東北地区2位として創部53年目の悲願達成となりました。

九州地区大会で準優勝を果たした糸満(九州・沖縄)も初出場となりました。県大会・九州地区大会で見せた犠打や盗塁の多様など、選抜の選考理由にもなったソツのない攻撃を仕掛けるチームです。

強豪校と言われる高校では、昨年の春夏の覇者である龍谷大平安(近畿・京都)大阪桐蔭(近畿・大阪)に注目です。両校とも伝統の実績・経験に加え、新チーム体制でも戦力が充実しています。今大会でも優勝候補の一角に挙げられそうです。

また明治神宮大会準優勝の浦和学院(関東・埼玉)も堅い守備力を誇る試合巧者なチームだけに、春の甲子園でも楽しみな存在となりそうです。その他にも静岡(東海・静岡)・天理(近畿・奈良)・九州学院(九州・熊本)といった実力が高い高校にも注目ですね。


※甲子園大会が開会しました。

⇒ 第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) 試合結果


※第87回選抜高校野球大会特設ページを開設しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ