2015年プロ野球 パ・リーグ順位予想紹介(産経新聞編)

スポンサードリンク

2015年プロ野球 パ・リーグ順位予想紹介(産経新聞編)

2015年プロ野球 パ・リーグ順位予想紹介(産経新聞編)



R0011371 / tosimisi


今回は、前回記事にした2015年シーズンのプロ野球順位予想紹介の続きとなります。

前回はセ・リーグ編でしたが、今回はパ・リーグ編です。果たして今回はどのような予想が成されるのでしょうか。

参考記事⇒『産経新聞』「プロ野球2015年担当記者順位予想」


スポンサードリンク

産経新聞・プロ野球担当のパ・リーグ順位予想


鮫島(プロ野球担当デスク)
(1)オリックス
(2)ソフトバンク
(3)西武
(4)ロッテ
(5)楽天
(6)日本ハム


坂井(阪神担当)
(1)ソフトバンク
(2)オリックス
(3)楽天
(4)日本ハム
(5)西武
(6)ロッテ


嶋田(阪神担当)
(1)オリックス
(2)ソフトバンク
(3)日本ハム
(4)西武
(5)ロッテ
(6)楽天


喜瀬(オリックス担当)
(1)オリックス
(2)ソフトバンク
(3)西武
(4)楽天
(5)日本ハム
(6)ロッテ


パ・リーグの予想はこのようになったようです。

4名中、3名がオリックスを優勝候補に挙げるなど、オフに大補強を敢行したオリックスの評価が高いようです。

エースの金子投手が無事残留し、中島選手小谷野選手を補強、また外国人選手もブランコ選手バリントン投手を加えて、一気に優勝候補となっています。昨年のシーズンでは惜しくも2位という結果に終っている実績もプラスに働いたようですね。

同様に2014年日本一のソフトバンクも高評価を受けており、優勝予想が1名、2位予想が3名となっています。

昨年のような派手な補強は行っていませんが、目玉候補の松阪投手の獲得に成功している点は心強いですね。工藤新監督の手腕は未知数ですが戦力は整っていると言えるでしょう。

この状況を記事元から引用すると、「2強4弱でペナントレースは進む」という言葉で形容されています。

3~6位の予想は、選者によってまちまちです。

昨年3位の日本ハムは、精神的支柱の稲葉選手が引退し、主力の大引選手小谷野選手がFA移籍している点がマイナスとされましたが、ドラフト1位の有原投手の加入もあり、評価は五分五分のようです。

2名が3位予想の西武は、戦力補強が十分ではありませんが打線の活発さが評価されたようです。また、楽天大久保新監督の手腕、ロッテデスパイネ選手の残留を考慮して予想されました。


※プロ野球順位予想特集ページを設置しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ