2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(社会人野手編)

スポンサードリンク

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(社会人野手編)

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(社会人野手編)



DSC00717 / shiori.k


2015年のドラフト注目候補を紹介する企画も最後となりました。

最後は社会人野球の野手を見ていきます。社会人野球の選手は、プロチームと社会人チームの交渉も必要不可欠となるので、注目選手でもドラフトで指名されない可能性があります。

ということで、現時点でのドラフト注目選手ということで書いていきます。

参考にさせていただくのは『野球太郎NO.13』『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト候補逸材図鑑』『ホームラン1月号』です。

スポンサードリンク

2015年 ドラフト注目の社会人野手


捕手

柴原健介(履正社-日本大-東芝)
柴原健介選手は履正社・日大を経て、社会人野球の名門・東芝と捕手としての経験が魅力の選手です。守備面ではチームの勝利に貢献できる頭脳、打撃面では一発のある打力が持ち味です。


対馬和樹(駒大苫小牧-九州共立大-三菱日立パワーシステムズ横浜)
対馬和樹選手は、現広島の大瀬良大地投手とのバッテリーで大学野球界を沸かせた選手です。地肩の強さと長打力を持ち味にする強肩強打の捕手と言えるでしょう。


内野手

河合完治(中京大中京-法政大-トヨタ自動車)
河合完治選手は中京大中京時代に甲子園優勝、法大時代も主将を務めるなど高い実績を持つ選手です。瞬足に加え、穴の少ない打撃力を武器としています。


大城戸匠理(寒川-法政大-Honda鈴鹿)
大城戸匠理選手は法大時代に大学日本代表にも選ばれた選手で、走力を駆使したプレイスタイルが魅力です。それに加えて堅実な二塁守備にも定評があります。


伊藤匠(海星-岐阜経済大-西濃運輸)
今年の都市対抗野球で首位打者と若獅子賞を受賞した伊藤匠選手は、チームを日本一に導いた選手です。中距離打者として選球眼の良さも魅力の一つと言えるでしょう。


大畑建人(神港学園-大阪体育大-日本新薬)
大畑建人選手は大体大時代にリーグ通算104安打、10本塁打と輝かしい記録を残した選手で、日本新薬では4番打者を努めています。思い切りの良い打撃スタイルと勝負強さが持ち味です。


外野手

中嶋啓喜(桐蔭学園-明治大-JFE東日本)
中嶋啓喜選手は躍動感溢れるプレーが魅力の外野手です。JABAスポニチ大会でデビューを飾ると首位打者を受賞し、右の巧打者として注目を集めています。


中村優作(金沢-三菱自動車岡崎)
中村優作選手は50m5秒7の脚力とシェアな打撃力が自慢の左打者です。身長168センチと小柄な選手ですが、守備力を備えた器用な巧打者として存在感を増しています。


上西主起(県和歌山商-中部学院大-日本生命)
上西主起選手は右のパワーヒッターとして、名門・日本生命の4番打者を務める選手です。遠くまで飛ばすことのできる長打力に加え、規格外の強肩ぶりが注目を集めています。


杉本裕太郎(徳島商-青山学院大-JR西日本)
杉本裕太郎選手は青学時代にサイクル安打を達成したこともある体の強さが自慢の選手です。今年の日本選手権でも活躍するなど、打球の早さが特に魅力です。


※2015年プロ野球ドラフト会議特集ページを設置しました。
ドラフトボタン


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ