2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(社会人投手編)

スポンサードリンク

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(社会人投手編)

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(社会人投手編)



DSC00508 / shiori.k


毎年、“即戦力候補”として名前が上がる社会人野球の2015年ドラフト投手候補を紹介していきます。

この企画もついに5回目。そろそろ終わりが見えてきました。今年はどのような即戦力投手が現れるのでしょうか。

それでは以下に、来季の注目投手を紹介していきます。

参考にさせていただくのは『野球太郎NO.13』『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト候補逸材図鑑』『ホームラン1月号』です。

スポンサードリンク

2015年 ドラフト注目の社会人投手


加藤貴之(拓大紅陵-新日鉄住金かずさマジック)
加藤貴之投手は今年の都市対抗野球大会でも活躍した大型左腕投手です。直球の球速は130キロ台中盤ながら、空振りを奪うことのできる伸びと制球力が最大の魅力です。


関谷亮太(日大三-明治大-JR東日本)
関谷亮太投手は豪快なフォームから繰り出される最速148キロの直球と多彩な変化球を武器とする投手です。特にチェンジアップのキレには定評があります。


小野和博(磯原-桐蔭横浜大-富士重工業)
桐蔭横浜大時代に5連投で明治神宮野球大会優勝投手となった小野和博投手は、今年の都市対抗野球でも活躍し、チーム準優勝に加え、自身は久慈賞・若獅子賞を受賞しています。



猿川拓朗(花巻東-東海大-日立製作所)
猿川拓朗投手は常時140キロの直球を放つことができ、変化球もカーブ・フォーク・カットボールなどのキレが自慢の投手です。今年は富士重工業の補強選手として都市対抗準優勝も経験しています。



狭間正行(古賀竟成館-九州共立大-Honada熊本)
狭間正行投手は今年の都市対抗野球で150キロオーバーの球速を記録し、一気に注目を集めた選手です。やはりその武器は最速154キロと言われるストレートです。



石橋良太(明徳義塾-拓殖大-Honda)
甲子園でも活躍した石橋良太投手は、大学・社会人と投手に専念することによって本格投手へと成長しました。高速に伸びるスライダーをコーナーに投げ分けるスタイルが魅力です。



横山弘樹(宮崎日大-桐蔭横浜大-NTT東日本)
今年の都市対抗野球2回戦でJR九州を完封して注目を浴びたのが横山弘樹投手です。同大会では若獅子賞も受賞した、直球とカットボールを持ち味とする投手です。



宮谷陽介(報徳学園-筑波大-東京ガス)
宮谷陽介投手は173センチと小柄な投手ながら、ボールの動きが魅力の左腕投手です。球速は130キロ台中盤ながら、変化球と試合の修正能力に注目が集まります。



近藤大亮(浪速-大阪商業大-パナソニック)
近藤大亮投手は特に制球力の良さが魅力の投手です。また140キロ台の直球にも定評があり、打者が分かっていても打てないコースへ投げ込むことができます。



横田哲(飯能南-上武大-セガサミー)
横田哲投手は上武大時代に大学選手権日本一を勝ち取った投手です。その魅力は130キロ台の直球に加え、低めに投げわ分けることのできるチェンジアップです。


※2015年プロ野球ドラフト会議特集ページを設置しました。
ドラフトボタン


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ