2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(大学生野手編)

スポンサードリンク

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(大学生野手編)

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(大学生野手編)



DSC03183 / shiori.k


来年のドラフト候補を紹介する企画も第4回となりました。

今回は大学生野手編ということで、来年の大学野球界を盛り上げる野手に注目してみたいと思います。個人的な感想では、例年に比べて大卒野手に楽しみな選手が多い印象です。

参考にさせていただくのは『野球太郎NO.13』『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト候補逸材図鑑』『ホームラン1月号』です。

スポンサードリンク

2015年 ドラフト注目の大学生野手


捕手

坂本誠志郎(履正社-明治大)
坂本誠志郎選手は大学日本代表の正捕手を務めるなど、現段階では学生球界トップの評価を受けている捕手です。その魅力は、ゲームのメイキング能力やリーダーシップなどチームの司令塔となる部分です。


内野手

藤岡裕大(岡山理大付-亜細亜大)
今年の秋季東都リーグ戦で首位打者を獲得した藤岡裕大選手は、快音を響かせる強打がウリの選手です。守備面もサードから鋭い送球を送る強肩ぶりが特に注目されています。


大城滉二(興南-立教大)
大城滉二選手は入学以来、六大学リーグ戦全ての季で打率3割越えをマークしています。左右に打ち分ける打撃を得意とし、このまま順調に行けば、通算安打の東京六大学記録を塗り替えるかもしれません。


北村祥治(星稜-亜細亜大)
北村祥治選手は守備範囲の広さが魅力の選手で、ポジショニングの読みと球際の強さが目立ちます。今夏には初めて日本代表に選出されましたが、活躍とは行かず来季の巻き返しに期待が集まります。


田中俊太(東海大相模-東海大)
甲子園でも活躍した田中俊太選手は、広島の田中広輔選手の実弟としても知られています。軽快な守備と広角に打ち分けることのできる器用な打撃力が魅力ですね。兄弟揃ってのプロ入りとなるでしょうか。


柴田竜拓(岡山理大付-國學院大)
今夏に大学日本代表、今秋にU21日本代表に選出された柴田竜拓選手は、守備範囲の広さとパンチ力のある打撃を武器とする選手です。また走力の高さにも定評があり、三拍子揃った選手と言えるでしょう。


山足達也(大阪桐蔭-立命館大)
山足達也選手は俊足の遊撃手として知られ、侍ジャパンにも選出されています。遊撃手としては、確実性の高い守備力を誇り、春季リーグで10盗塁を記録するなど、走塁能力の高さも魅力です。


外野手

高山俊(日大三-明治大)
来年の大卒野手で最大の注目選手と言われているのが高山俊選手です。日大三時代は甲子園優勝に貢献し、明治大入学後も4度のベストナイン獲得など大きな実績を積み重ねています。


谷田成吾(慶應義塾-慶應義塾大)
谷田成吾選手は天性の長距離打者として知られ、高校時代は通算76本塁打、東京六大学でも本塁打を量産しています。特に、逆方向にも大きな打球を飛ばすことのできる打撃力に注目です。


吉田正尚(敦賀気比-青山学院大)
吉田正尚選手はリストの強さが自慢の長距離打者です。高校通算52本塁打、東都リーグでベストナイン4度受賞、大学日本代表にも2年続けて選出されるなど、球界での評価も高まっています。


※2015年プロ野球ドラフト会議特集ページを設置しました。
ドラフトボタン


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ