2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(大学生投手編)

スポンサードリンク

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(大学生投手編)

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(大学生投手編)



DSC01332 / shiori.k


この企画も今回で3回目となりました。高校生の投打の注目選手は紹介したので、今回は大学生投手のドラフト候補選手を紹介していきます。

毎年、即戦力と言われる投手が多く存在している大卒投手ですが、2015年はどのような投手が指名されるのでしょうか。

それでは以下に、来季の注目投手を紹介していきます。

参考にさせていただくのは『野球太郎NO.13』『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト候補逸材図鑑』『ホームラン1月号』です。

スポンサードリンク

2015年 ドラフト注目の大学生投手


上原健太(広陵-明治大)
上原健太投手は150キロの直球とキレのあるスライダーを織り交ぜて三振を取るタイプの投手です。190センチ左腕ということもあり、ドラフト1候補に早くも名を連ねています。


今永昇太(北筑-駒沢大)
先の明治神宮野球大会の優勝投手となったのが今永昇太投手です。スライダー・チェンジアップを効果的に使うことによって、直球を活かすピッチングスタイルでスカウトの評価も高まっています。


多和田真三郎(中部商-富士大)
多和田真三郎投手は中部商時代にプロ志望届を出すも指名されず、大学進学の道を進みました。2年前の神宮大会で無安打無得点試合を達成するなど、特に伸びのある直球が魅力です。


吉田侑樹(東海大仰星-東海大)
大学日本代表にも選出された吉田侑樹投手は、今年の大学選手権で母校を日本一に導く実績を持った右腕投手です。持ち味は、ストレートと縦に変化するスライダーのキレです。


熊原健人(柴田-仙台大)
熊原健人投手は140キロ台後半の直球を武器とする投手です。それに加え、落差のあるフォークを駆使した緩急を付けるピッチングで三振を奪うことのできるスタイルが魅力です。


唐仁原志貴(小林-福岡大)
美しいフォームが特徴的な唐仁原志貴投手は、伸びのある直球を武器に三振を奪うことのできる左腕投手です。加えて、カーブ・チェンジアップなどの変化球も冴えわたります。


西村天裕(県和歌山商-帝京大)
西村天裕投手は2年連続で大学日本代表合宿に招集された実績を持つ投手で、今秋の首都大学リーグでは最優秀投手となりました。キレのあるカットボールやスライダーを交えるスタイルが持ち味です。


田中豊樹(佐賀商-日本文理大)
田中豊樹投手はアマチュア球界でも屈指の速球派投手として知られ、最速152キロの直球を繰り出します。また変化球もカーブ・スライダー・スプリットなど多彩な球種を操ります。


桜井俊貴(北須磨-立命館大)
桜井俊貴投手は今年の関西学生リーグで、6勝を挙げてMVP・最優秀投手・ベストナインの三冠に輝く活躍を見せました。豊富なスタミナと空振りを取ることのできる直球が魅力の投手です。


笛田怜平(鹿児島南-福岡工業大)
笛田怜平投手は心地よい直球が自慢の快速右腕投手です。最速148キロの直球とキレのあるシンカーを武器に、福岡六大学リーグや大学野球選手権でも確かな実績を積み上げています。


※2015年プロ野球ドラフト会議特集ページを設置しました。
ドラフトボタン


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ