2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(高校生野手編)

スポンサードリンク

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(高校生野手編)

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(高校生野手編)



DSC_8811 / alexxis


前回に続き、今回は第2回ということで、来年度のドラフト注目の高校生野手を10選手書いていきます。

今年の春夏の甲子園大会にも出場する可能性のある選手もいると思いますので、甲子園大会観戦のお供にもなるかと思います。

参考にさせていただくのは『野球太郎NO.13』『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト候補逸材図鑑』『ホームラン1月号』です。

スポンサードリンク

2015年 ドラフト注目の高校生野手


捕手

堀内謙伍(静岡)
堀内謙伍選手は、強力静岡打線の中軸を担う打者として活躍しています。逆方向へ強い打球を放つことができる打力にう加え、インサイドワークや強肩といった捕手技能にも優れています。


黒瀬健太(初芝橋本)
黒瀬健太選手は、すでに高校通算70発に王手がかかる右の長距離砲として期待が集まります。打撃フォームも柔らかく、鋭いスイングで圧倒的な飛距離を叩き出します。


内野手

遠藤真(盛岡大付)
今夏の甲子園で松本裕樹投手(ソフトバンク1位)の後ろを打っていたのが、5番打者の遠藤真選手です。東海大相模戦では大きなホームランを放つなど、ヘッドスピードの早さを活かした打撃が魅力です。


勝俣翔貴(東海大菅生)
勝俣翔貴選手は今秋の明治神宮大会でも活躍した東海大菅生のエースですが、打者としても高い実力を誇ります。特に度肝を抜かれたのは、今夏の西東京大会で見せたホームランの量産です。


廣岡大志(智弁学園)
今年の春夏の甲子園に出場した智弁学園の中軸を担っていたのが廣岡大志選手です。1番打者を務めるなど走力にも優れた選手で、攻守に柔らかい動きが特徴の大型内野手です。


平湯蒼藍(海星)
平湯蒼藍選手は中学時代からシニア日本代表の4番を務めるなど打撃力が自慢の選手です。バットコントロールに優れた選手で、広角に長短打を放つことができるのが魅力です。


岡田友輝(延岡学園)
岡田友輝選手は投手としても今秋の新人戦でノーヒットノーラン(7回参考記録)を達成するなど身体能力の高さが魅力です。野手としても自慢の強打に加え、攻守に亘って躍動する選手です。


外野手

星兼太(日本文理)
今夏の甲子園で日本文理の1番打者として活躍したのが星兼太選手です。今年の春も合わせて甲子園での打率が5割を越えるなど、大舞台で活躍できる能力も魅力の一つです。


山本龍河(智弁和歌山)
山本龍河選手は逆方向へも大きな当たりを打てる強打者です。特に今年の選抜大会で、明徳義塾の岸潤一郎投手から逆方向への大きなホームランを放ったのが一番印象に残っています。


山本卓弥(神村学園)
山本卓弥選手はバットコントロールと変化球の捌きに定評のある選手です。印象に残った打席は、選抜大会の岩国戦で柳川健大投手のスライダーを逆らわずにスタンドに打ち返したシーンです。


※2015年プロ野球ドラフト会議特集ページを設置しました。
ドラフトボタン


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ