2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(高校生投手編)

スポンサードリンク

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(高校生投手編)

2015プロ野球ドラフト会議 注目選手情報(高校生投手編)



DSC_8849 / alexxis


今回から6回に分けて特集記事を書いていく予定です。

その特集内容とは2015年のドラフト会議における注目選手情報です。今年のドラフト会議が終わったばかりですが、今年中に書けそうなネタを尽きてきたのでドラフト注目選手の連載ということで。

ドラフト注目選手=アマチュアの球界注目選手なので、来年の注目選手を早めに取り上げて、来年の野球を楽しもうという企画です。

今回は第1回ということで、高校生の投手を10選手紹介していきます。もちろん全員がプロ志望届提出とはいかないと思いますが一応紹介していきます。

参考にさせていただくのは『野球太郎NO.13』『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト候補逸材図鑑』『ホームラン1月号』です。

スポンサードリンク

2015年 ドラフト注目の高校生投手


佐藤世那(仙台育英)
先の明治神宮大会の優勝投手となったのが佐藤世那投手です。140キロ台の直球とスライダー・フォークを操る制球力が魅力です。


原嵩(専大松戸)
原嵩投手は直球を武器とする本格派右腕です。その魅力は最速146キロの直球に加え、バランスの取れた理想的なフォームです。


吉田凌(東海大相模)
今夏の県大会決勝で圧巻の20奪三振を記録したのが吉田凌投手です。平均140キロ台の直球とスライダーを最大の武器としています。


小笠原慎之介(東海大相模)
小笠原慎之介投手は、140キロ台前半の直球に加えスライダー・カーブ・チェンジアップ・ツーシームなど多彩な変化球を持ち玉にする投手です。


平沼翔太(敦賀気比)
夏の甲子園、秋の明治神宮大会でも活躍した平沼翔太投手の持ち味は、ダイナミックなフォームから投げ込まれる直球とキレのいいスライダーです。


小澤怜史(日大三島)
小澤怜史投手は夏に148キロをマークした快速右腕です。肘の故障が気がかりですが、まだまだ伸びしろがある投手なだけに注目したいところです。


高橋純平(県岐阜商)
最速152キロをマークする高橋純平投手は、来年の高卒投手の中でも一番の注目度を誇っています。変化球はカーブ・スライダーのキレが冴えます。


高橋奎二(龍谷大平安)
高橋奎二投手は今春の選抜優勝に大きく貢献した投手です。ダイナミックな投球フォームが特徴で、左腕から繰り出される直球が武器となります。


小川良憲(近江)
今夏の甲子園で活躍した小川良憲投手は、スリークォーター気味のフォームから繰り出される縦横の鋭いスライダーが持ち味の投手です。


永谷暢章(履正社)
永谷暢章投手は今年の選抜で活躍した投手で、150キロ近い直球とキレの良いスライダーを積極的に投げ込むスタイルが魅力です。


※2015年プロ野球ドラフト会議特集ページを設置しました。
ドラフトボタン


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ