2014年 注目高校球児の進路(立正大学編)

スポンサードリンク

2014年 注目高校球児の進路(立正大学編)

2014年 注目高校球児の進路(立正大学編)



DSC02402 / shiori.k


今回は、2009年に明治神宮大会を制してより2部降格を経験している立正大学です。今年は春季リーグ優勝も入れ替え戦に敗れ、秋季リーグでは4位となってしまいました。

再び1部リーグに昇格するためには、新入部選手の活躍が不可欠となるのではないでしょうか。

夏の東西東京大会を沸かせた投手・捕手の柱も加入予定となっているので、来年以降が非常に楽しみなチームとなりそうです。

それでは、今回合格を果たした高校球児たちを紹介していきます。

なお、選手短評は『野球太郎』『報知高校野球』を参考にしています。

スポンサードリンク

立正大学 推薦入試合格の高校球児


・海藤一将投手(鶴岡東)
・鈴木友也投手(越ケ谷)
・木寺凌世投手(成立学園)
・釘宮光希投手(日大三)
・新村佳汰投手(駿河総合)
・酒井謙多投手(高川学園)
・浜田和投手(鹿児島商)
 
・池田瞳夢捕手(関東第一)
・木下朗捕手(戸塚)

・対馬雄大内野手(弘前学院聖愛)
・中島健寿内野手(白鷗大足利)
・鈴木悠太内野手(帝京)
・伊藤弘法内野手(桐光学園)
・宮沢一成内野手(東邦)
・刀谷司内野手(PL学園)
・吉田泰真内野手(天理)
・辻田昂祐内野手(和歌山東)
・小郷裕哉内野手(関西)
・中尾勇斗内野手(九州国際大付)
・井上健太内野手(筑陽学園)

・石森亨外野手(浦和学院)
・伊藤裕季也外野手(日大三)
・土井慎二外野手(関西)
・松井大樹外野手(英明)
・疋田連太郎外野手(九州国際大付)



まず投手では日大三釘宮光希投手の加入が大きいですね。夏の西東京大会では故障の三輪投手に代わって、140キロ台の直球とスライダーを武器に大車輪の活躍を見せました。

同じく東東京大会で攻守に活躍したのが池田瞳夢捕手です。関東一は準決勝で敗退となりましたが、池田選手は高校最後の打席をホームランで締めました。

鶴岡東海藤一将投手は粘り強い投球術が持ち味の左腕、高川学園酒井謙多投手はスライダーとシュートを武器にする完投タイプの投手です。

今夏に甲子園出場の関西からは、4番打者として勢いのある打球を打ち返す小郷裕哉内野手、打撃力に優れた土井慎二外野手が合格となりました。

同じく甲子園出場の九州国際大付からは、走塁技術に定評のある中尾勇斗内野手疋田連太郎外野手の名前を見ることができます。その他の今夏甲子園組では、東邦から長打力のある宮沢一成内野手が加入予定となっています。

帝京鈴木悠太内野手は今夏の東東京大会で打率4割8分と攻守に存在感を示した選手、英明松井大樹外野手はコンパクトなスイングから力強い打球を飛ばすことができる選手です。


※注目高校球児の進路特集ページを設置しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ