2014年 注目高校球児の進路(国士舘大学編)

スポンサードリンク

2014年 注目高校球児の進路(国士舘大学編)

2014年 注目高校球児の進路(国士舘大学編)



IMG_6567.JPG / boomer-44


今回は東都大学野球連盟の2部リーグに所属している国士舘大学への推薦入学が決まった選手たちを見ていきます。

日本でも屈指のレベルの高さを誇る東都大学野球連盟ですので、2部リーグと言っても高い実力を持ったチームが揃っています。

国士舘大学は今年の春季リーグ4位、秋季リーグ5位と、なかなか実力を発揮できていませんが、新入生の加入が刺激となれば良いですね。

それでは、今回合格を果たした高校球児たちを紹介していきます。

なお、選手短評は『野球太郎』『報知高校野球』を参考にしています。

スポンサードリンク

国士舘大学 推薦入試合格の高校球児


・宮川晃衛投手(北見北斗)
・深野恵三投手(横浜隼人)
・宮崎隆司投手(岩倉)
・守山元太投手(崇徳)
・矢口徹朗投手(習志野)
・石垣文太投手(日川)
 
・熊原寛秀捕手(富山国際大付)
・川内大地捕手(鹿屋中央)
・弓削田智樹捕手(成田)

・多田知哉内野手(花咲徳栄)
・兼村優豪内野手(札幌日大)
・菊地智仁内野手(秋田商)
・川岸彗日内野手(遊学館)
・高橋俊樹内野手(白樺学園)

・鈴木凌外野手(板野)
・新井勝貴外野手(八戸学院光星)



宮川晃衛投手は、投打ともに身体能力の強さが自慢の選手です。勢いのあるクロスファイアーを投げ込む投球術と、長打力を備えた打撃力を持っています。

日川のエースを務めた石垣文太投手は、サイドからテンポの良い投球術で打者を翻弄する姿勢が持ち味の投手です。

高橋俊樹内野手は体が大きくパワー溢れる打者ですが、柔らかいバッティングも兼ね備えています。

春夏の甲子園で活躍した八戸学院光星新井勝貴外野手は、自慢の俊足を武器に打撃面でも巧打者と呼べる存在です。

鈴木凌外野手は50m6秒1の走力に加え、高校通算16本塁打と長打力も魅力です。

捕手では矢のような送球が魅力の弓削田智樹捕手、今夏ノーシードから県大会を制した鹿屋中央の正捕手・川内大地捕手にも注目ですね。


※注目高校球児の進路特集ページを設置しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ