2014年 注目高校球児の進路(拓殖大学編)

スポンサードリンク

2014年 注目高校球児の進路(拓殖大学編)

2014年 注目高校球児の進路(拓殖大学編)



DSC07896 / shiori.k


2013年春に3度目の挑戦により、悲願の1部昇格を果たした拓殖大が推薦合格者を発表しました。(参考⇒『日刊スポーツ』

今年の成績は春季リーグ4位、秋季リーグ5位となっており、来年以降の巻き返しに期待が集まりそうです。

そしてその一翼を担うのが、来年から入部する新1年生ですね。特に今年は、高校野球最後の打席をホームランで収めた、明徳義塾岸潤一郎選手の入学も決まりました。

このサイトを訪れる方の多くが、岸潤一郎選手の進路を調べて訪問してくれています。一般のサイトやブログには、「どのような検索でサイトを訪れたのか」が分かるようになっています。

ということで、岸潤一郎選手の進路を多くの人が知りたがっていたわけですね。この注目度から見ても、本当に将来が期待ができる選手だと思います。

それでは、今回合格を果たした高校球児たちを紹介していきます。

なお、選手短評は『野球太郎』『報知高校野球』を参考にしています。

スポンサードリンク

拓殖大学 推薦入試合格の高校球児


・斎藤敦哉投手(白樺学園)
・長島隼輝投手(片倉)
・酒井大輝投手(長野商)
・岸潤一郎投手(明徳義塾)
・赤嶺祥吾投手(糸満)

・田中大樹捕手(大間々)
・水上裕太捕手(法政二)
・下村優作捕手(筑陽学園)

・蔡鉦宇内野手(八戸学院光星)
・千葉碧人内野手(文星芸大付)
・皆川諒悟内野手(太田工)
・野村勇内野手(寒川)
・朝田光内野手(高川学園)
・松本凌太内野手(帝京五)
・神谷大雅内野手(糸満)

・中村幸一郎外野手(作新学院)
・根本耕太外野手(横浜)
・黒岩広夢外野手(長野商)
・森晋之介外野手(大阪桐蔭)



まず上記でも触れた明徳義塾岸潤一郎投手ですが、投手としては146キロの直球と6種類の変化球を操る技巧派ですね。そして打者としてもプロスカウトが注目した力強いバッティングが魅力の選手です。

都立の片倉から入学が決まった長島隼輝投手は、野手に専念するという情報もありましたが、投手として入部するようです。球を低めに集めるコントロールに注目です。

制球力が自慢の赤嶺祥吾投手は、今春に沖縄大会を制すも夏は県大会決勝で沖縄尚学の前に悔しい敗戦となりました。東都で優勝を飾ってほしい投手です。

続いて野手では、春の甲子園に出場した台湾人留学生の蔡鉦宇内野手を見ることができます。規定により夏は残念な結果となりましたが、ぜひ東都での打棒を期待したいです。

高校通算30本越えの松本凌太内野手は、荒削りながらも身体能力の高さが魅力ですね。神谷大雅内野手は沖縄ナンバーワンと称された脚力に注目したいです。

作新学院で主将を務めた中村幸一郎外野手は、秋春の県大会で打率4割越えの巧打者、今夏甲子園を制した大阪桐蔭森晋之介外野手は下位打者ながら力強い打撃が持ち味です。


※注目高校球児の進路特集ページを設置しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ