第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) 野球雑誌から見るセンバツ出場校予想

スポンサードリンク

第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) 野球雑誌から見るセンバツ出場校予想

第87回選抜高校野球大会(2015春の甲子園) 野球雑誌から見るセンバツ出場校予想


D

まず本題に入るまでに近況報告です。

12月に入ると野球関連の記事を書きにくい状況になってきます。できるだけ更新していきたいのですが、ネタを探すのが大変で更新も遅れがちとなっています。

なので、野球関連書籍を4冊ほど楽天ブックスにて購入してきました。主にドラフト関連と選抜関連の本です。今回購入したのは、

『報知高校野球1月号』
『ホームラン1月号』
『野球太郎NO.13』
『ベースボールマガジン増刊 先取り!2015ドラフト注目選手図鑑』


この4冊です。同時に注文したのに何故か分割発送で到着しました。

DSC_0112

このサイトの場合だと、記事を書く時は書籍と野球情報サイトを参考に書いています。特に選手の情報などは個人で情報を集めるのが大変なので書籍頼みです。

他の野球関連サイト運営者様の情報源も気になるところですが、前置きが長くなったので本題に入るとします。

今回は、上で紹介した『報知高校野球1月号』『ホームラン1月号』の2冊を参考として、来年の選抜大会の出場校予想を紹介してみます。

2冊のサブタイトルは、


『報知高校野球1月号』第87回センバツ出場32校を探る

『ホームラン1月号』センバツ2015 出場校徹底予想号


となっていますので。

ただ、あまりやり過ぎると著作権的にアレなので、あくまで『引用』ということで簡潔に紹介していきます。なので特に今回は転載・リライトなど厳禁です。(参考にしていただくのは全然OKですが、最近記事の劣化転載を目にするので)


ちなみに当サイトでもセンバツ出場高校を考察していますので、興味がある方は見てください。現在29校まで考察を行っていますので、21世紀枠9校が出そろう12月12日以降に32校予想を行う予定です。

⇒ 一般選考28枠の選抜大会出場校考察
⇒ 明治神宮大会枠の選抜大会出場校考察


スポンサードリンク

野球雑誌から見るセンバツ出場校予想


それではここから予想を見ていきます。なお、表記方法ですが以下のように紹介してみます。


『報知高校野球』の高校名の後ろのカッコは雑誌内の引用です。
『ホームラン』では、◎当確○有力△当落線上×補欠校候補となっています。


北海道地区(1校)


『報知高校野球』
東海大四(ほぼ確実)

『ホームラン』
東海大四◎・北海×・駒大苫小牧×・札幌日大×


北海道地区では、秋季北海道地区大会の東海大四が圧倒的に有利な状況となっています。やはり出場枠1だと優勝校で確定ですね。

東北地区(2校+神宮枠1校)


『報知高校野球』
仙台育英・大曲工(決勝に進出した2校は順当)
八戸学院光星・鶴岡東(地力の高さなら八戸学院光星、安定感が評価されれば鶴岡東)

『ホームラン』
仙台育英◎・大曲工◎・八戸学院光星△・鶴岡東△


東北地区では、一般出場枠の2校が確定で、明治神宮大会枠を巡って八戸学院光星鶴岡東の両校が争う様相となりそうです。ほぼ互角ですが、新聞の選挙予想と同様に“名前が早く出た方が優位”と考えるなら、両誌の予想は八戸学院光星となるのでしょうか。

関東・東京地区(6校)


『報知高校野球』
【関東】浦和学院・木更津総合・健大高崎・常総学院(4強勢は当確)
【東京】東海大菅生(センバツ切符を確実にした)

『ホームラン』
【関東】浦和学院◎・木更津総合◎・健大高崎◎・常総学院◎
【東京】東海大菅生◎


関東・東京地区の5校はこれで確定となりそうです。続いて激戦の6校目です。


『報知高校野球』
【関東】東海大甲府(関東・東京6校目の一番手は東海大甲府)
【東京】二松学舎大府(東京・関東6枠目は二松学舎大付が総合力で一歩リードか)

『ホームラン』
【関東】平塚学院△・東海大甲府△
【東京】二松学舎大付△・関東一×・法政大高×


まず『報知高校高野球』では両地区で1校ずつ有力校を絞っていますが、引用したコメントを見ると矛盾が生じています。そして『ホームラン』では“最初に記載が優位理論”で行くと平塚学園二松学舎大付の比較になると思われます。両誌を詳しく読み込んでみると、1校に絞り込むなら二松学舎大付ではないかと思うのですが・・・。

北信越地区(2校)


『報知高校野球』
敦賀気比・松商学園(両校がセンバツ切符をほぼ手中に収めた)

『ホームラン』
敦賀気比◎・松商学園◎・中越×・富山第一×


北信越地区は出場枠が2校なので、優勝・準優勝の2校となりそうです。

東海地区(2校)


『報知高校野球』
静岡・県岐阜商(センバツ出場に当確ランプを灯した・2年ぶりに春切符が届きそう)

『ホームラン』
静岡◎・県岐阜商◎・いなべ総合×・日大三島×


東海地区も2校の出場枠があるので、この両校のセンバツ出場が固いでしょう。

近畿地区(6校)


『報知高校野球』
天理・立命館宇治・龍谷大平安・奈良大付(4強進出校の出場は固い)
大阪桐蔭・箕島(地域性で大阪桐蔭、試合内容で箕島か)

『ホームラン』
天理◎・立命館宇治◎・龍谷大平安◎・奈良大付◎
大阪桐蔭○・箕島△・近江△・北大津△


まず両誌ともベスト4の4校は固いと踏んでいるようです。当サイトでは残る2校に大阪桐蔭箕島を挙げたのですが、『報知高校野球』でも同様の予想となったようです。また、『ホームラン』では編集部の印象に残った高校として北大津が挙げられていました。

中国・四国地区(5校)


『報知高校野球』
【中国】宇部鴻城・岡山理大付(宇部鴻城の12年ぶりのセンバツは確実・投打にレベルの高い岡山理大付も固い)
【四国】英明・今治西(目標だったセンバツ初出場がほぼ確実・甲子園切符が届きそう)

『ホームラン』
【中国】宇部鴻城◎・岡山理大付◎
【四国】英明◎・今治西○


まず4校は決定と見て良いでしょう。また、当サイトでも触れましたが、両誌でも今治西には若干の不安が書かれていました。

続いて最後の5校目です。


『報知高校野球』
【中国】米子北(中国の3校目には、準決勝で宇部商と1-0の接戦を演じた米子北が有力)
【四国】明徳義塾(四国3校目には、地域性、戦いぶりから考えて明徳義塾が一番手に挙がる)

『ホームラン』
【中国】米子北△・宇部商△
【四国】明徳義塾△・高知△


このような評価ですね。中国・四国地区6校目は、中国3校目と四国3校目から1校を選ぶ方式ですので、米子北明徳義塾の比較となりそうです。この両校の比較については両誌とも詳細には触れられていません。しかし『ホームラン』には面白い記事が書いてあります。それが明治神宮大会直前の練習試合の結果です。

キーワードごとに紹介すると、「宇部商・英明とも初戦敗退」「東海大四にコールド負けの宇部商」「敦賀気比と互角で惜敗の英明」「練習試合では明徳義塾が英明に6-3で快勝」。これらを総合すると、明徳義塾>米子北となりますが結果はどうなるのでしょうか。

九州地区(4校)


『報知高校野球』
九州学院・糸満・神村学園(九州学院・糸満・神村学園は確実)
九産大九州・明豊・東福岡(3校の比較検討となりそう)

『ホームラン』
九州学院◎・糸満◎・神村学園◎
九産大九州△・明豊△・東福岡△


九州地区は4校なのでベスト4入りの4校と考えていたのですが、両誌を読む限りでは、九産大九州が準決勝で九州学院に9-2でコールド負けをしていることが選考に響きそうです。これにより、準々決勝で惜敗した明豊東福岡も候補に挙がってくるようです。難しいところですが、ここは順当に九産大九州になると思うのですが・・・。


※21世紀枠について
これで29校の予想を見てみましたが、残りの3校である21世紀枠については両誌とも詳しい言及がされていませんでした。

今回参考にさせていただいた野球雑誌


では最後に参考書籍を挙げておきます。参考にしていますので、一応本の宣伝もしておきます。

この記事で、雑誌内容が気になった方は実際に購入されてみてはいかがでしょうか。来年の2月頃までは楽しめると思いますよ。


報知高校野球 2015年 01月号 [雑誌]

ホームラン 2015年 01月号 [雑誌]


※第87回選抜高校野球大会特設ページを開設しました。
button_001


スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ