第96回高校野球選手権大会(2014夏の甲子園) 優勝候補予想と甲子園大会の展望

スポンサードリンク

第96回高校野球選手権大会(2014夏の甲子園) 優勝候補予想と甲子園大会の展望

第96回高校野球選手権大会(2014夏の甲子園) 優勝候補予想と甲子園大会の展望



DSC_0747 / alexxis


今年の選抜高校野球大会の際に優勝候補を予想し、意外に反響がありましたので、続けて高校野球選手権大会でも優勝候補を予想します。

もちろん、データ重視の客観的予想ではなく、主観直感重視の素人予想となります。

まず、選抜大会の際に予想の目安としたのは、「実績」「経験」「傾向」でした。

「実績」は秋季大会と明治神宮大会での戦績、「経験」は甲子園出場回数と前年の成績、「傾向」は優れた投手の有無という具合で、各項目3校ごとに合計9校を挙げさせてもらいました。

今回は、もう少し予想の幅を広げるために「潮流」も考えてみたいと思います。この「潮流」とは、チームの勢いや流れのことです。技術面以外にも、このような力は意外と馬鹿にできないのではないでしょうか。

地方大会決勝戦で大差試合が多いのは、このような点に要因があるのではないか?と考えています。

また「傾向」は、昔から高校野球にある格言「春は投手力、夏は総合力」を考えてみます。

選抜大会の優勝予想の際は「投手力」を重視しましたが、夏の甲子園大会では、予選段階から過酷な日程で推移し、投手は連投などが当たり前となってきます。

なので、エース依存の「投手力」だけではなく「総合力」が必要になってくると思います。

甲子園優勝予想の方法


まず、優勝候補を考えてみるにあたり、代表校の49校から12校へと絞ってみます。

絞り込む方法としては、先に挙げた「実績」・「経験」「傾向」「潮流」の4項目を考え、この項目に合った3校ずつを挙げていきます。

選考基準としては、下記のような感じで考えてみました。

「実績」・・・今年の選抜大会に出場している高校
「経験」・・・夏の甲子園大会出場回数5回以上の高校
「傾向」・・・総合力があり、選手層が厚い高校
「潮流」・・・地方大会にて勢いを感じた高校


それでは予想を行います。試合をたくさん見ているわけでもなく、データも豊富ではないので、完全印象の直感予想ですが。

スポンサードリンク

多角的に優勝候補を考える


まず「実績」面から挙げてみると、

龍谷大平安(京都)
沖縄尚学(沖縄)
八戸学院光星(青森)


この3校を考えてみました。

選抜大会優勝の龍谷大平安は、春季京都府大会でも優勝を果たし春季近畿地区大会ではベスト4入りとなっています。沖縄尚学は選抜大会でベスト8入り、春季沖縄大会で優勝し春季九州大会では優勝を果たしています。八戸学院光星は選抜大会で2回戦敗退、春季青森県大会で優勝、春季東北地区大会ではベスト4入りとなっています。


次に「経験」面を考えてみると、

大阪桐陰(大阪)
明徳義塾(高知)
聖光学院(福島)


となるでしょうか。

大阪桐陰は過去に春夏連覇も成しており、今年は3年連続で8回目の甲子園大会出場です。甲子園常連校の明徳義塾は5年連続16回目の甲子園大会出場、聖光学院は8年連続11回目の甲子園大会出場となっています。3校とも昨年の夏も甲子園に出場している点も心強いですね。


続いて「傾向」面では、

東海大相模(神奈川)
智弁学園(奈良)
九州国際大付(福岡)


難しいところですが、このように予想してみました。

まず東海大相模は強力打線に加えて控え投手層の厚さという点に注目しています。智弁学園は切れ目のない打線と一発が魅力の打力が魅力ですね。九州国際大付は投手・捕手というバッテリーが非常に安定している点と打線の勢いが大きいと思います。


最後に「潮流」では、

広陵(広島)
作新学院(栃木)
二松学舎大付(東東京)


この項目は完全に印象です。

広陵作新学院は地方大会決勝戦で好投手を擁するチームを破っての甲子園出場を決めています。二松学舎大付は夏の大会初出場ですが、選抜大会は4回の出場経験があります。東東京大会では決勝進出11回目にして初めての優勝を飾りました。

そして優勝候補を考察


このように12校に絞ってみました。まあ「甲子園常連校を挙げているだけ」、と言われるとその通りなのですが・・・。

とりあえず12校に絞ったので、ここからさらに3校に絞ります。

智弁学園(奈良)
広陵(広島)
東海大相模(神奈川)


このような感じですかね。理由は印象かつ直感と答えるしかないです。

もちろん劇的な展開が多い甲子園なので、ここに挙げた候補以外が優勝する可能性は十分にありますし、昨年のように初出場校が優勝する展開も考えられますね。

8月6日に組み合わせ抽選会がありますので、ここで大会の大枠が決定するでしょう。そして8月9日からは甲子園大会が開会します。今年も熱い試合展開を期待したいです。


※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ