第96回全国高校野球選手権大会(2014夏の甲子園) 49代表校の戦績と地方大会短評(その6)

スポンサードリンク

第96回全国高校野球選手権大会(2014夏の甲子園) 49代表校の戦績と地方大会短評(その6)

第96回全国高校野球選手権大会(2014夏の甲子園) 49代表校の戦績と地方大会短評(その6)



IMG_0626 / Andrew_D_Lin_HY


49代表校の戦績と地方大会短評


7月27日

石川県代表:星稜
(2年連続17回目)


過去の戦績

秋季石川県大会 ベスト8
春季石川県大会 優勝
春季北信越大会 1回戦

夏の地方大会の戦績

星稜6-0野々市明倫(2回戦)
星稜10-1石川県工(3回戦)
星稜7-2飯田(準々決勝)
星稜6-1金沢市工(準決勝)
星稜9-8小松大谷(決勝)

石川県大会短評

石川県大会決勝は「世紀の大逆転」として星稜の9回裏8点差逆転劇にて幕を閉じました。実は星稜小松大谷との対戦は秋季大会・春季大会に続いて今大会で3回目でした。互いに1勝1敗で迎えていただけに、このような結末が起こるとは予想もつきませんでした。県大会第3シードの遊学館は準決勝にて小松大谷に敗退、第4シードの日本航空石川は準々決勝で第5シードの金沢市工に敗退となりました。


兵庫県代表:神戸国際大付
(初出場)


過去の戦績

秋季兵庫県大会 ベスト8
春季兵庫県大会 3回戦

夏の地方大会の戦績

神戸国際大付3-0加古川東(2回戦)
神戸国際大付11-2明石(3回戦)
神戸国際大付6-0龍野(4回戦)
神戸国際大付7-0武庫荘総合(5回戦)
神戸国際大付6-3滝川(準々決勝)
神戸国際大付3-0社(準決勝)
神戸国際大付11-1三田松聖(決勝)

兵庫県大会短評

兵庫県大会は神戸国際大付が夏の甲子園初出場を決めました。選抜大会は3回の出場経験があるだけに、夏の甲子園出場は悲願だったのではないでしょうか。決勝進出を果たした三田松聖は、これまでの最高成績である5回戦で強豪の東洋大姫路を撃破し一気に躍進しました。また選抜大会に出場し優勝候補と見られていた報徳学園が5回戦でに敗退する波乱もあり、そのは準々決勝で注目の明石商を下しましたが準決勝で姿を消しました。

スポンサードリンク

鳥取県代表:八頭
(4年ぶり8回目)


過去の戦績

秋季鳥取県大会 1回戦
春季鳥取県大会 準優勝

夏の地方大会の戦績

八頭19-0倉吉農(2回戦)
八頭4-2米子北(準々決勝)
八頭12-9鳥取商(準決勝)
八頭2-1鳥取城北(決勝)

鳥取県大会短評

鳥取県大会では八頭が4年ぶりの8回目の甲子園出場を決めました。決勝戦の対戦相手は、当サイトを始め各スポーツ紙で優勝候補に挙げられていた鳥取城北でしたが、緊迫の投手戦を制しての優勝となりました。同じく優勝候補に挙げられていた優勝23回を誇る鳥取西は2回戦で倉吉東に敗れ、シード校の鳥取商は準決勝にて八頭との打撃戦に敗北、米子東も準決勝敗退となりました。


広島県代表:広陵
(4年ぶり21回目)


過去の戦績

秋季広島県大会 ベスト4
秋季中国地区大会 ベスト8
春季広島県大会 優勝
春季広島県大会 優勝

夏の地方大会の戦績

広陵9-0海田(2回戦)
広陵9-2府中東(3回戦)
広陵7-0沼田(4回戦)
広陵10-2高陽東(準々決勝)
広陵5-4市呉(準決勝)
広陵2-1広島新庄(決勝)

広島県大会短評

広島県大会の各種事前予想は、広陵広島新庄に絞られた感がありました。決勝戦は奇しくもその両校の対戦となりました。試合は一進一退の攻防ながら広陵がこれを制し、4年ぶりの甲子園となりました。4回戦では当サイトとスポーツ紙で評価が別れた崇徳如水館の試合となり、如水館が勝利を収めました。県下古豪の広島商はベスト4入りと復活を果たし、同じくベスト4入の市呉は新しい勢力の台東を予感させました。


※49代表校の戦績と地方大会短評の続きはこちらです。

⇒ 49代表校の戦績と地方大会短評(その7)
(岡山・香川・西東京・奈良・山口)


※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ