2014年センバツ高校野球大会 注目選手紹介

スポンサードリンク

2014年センバツ高校野球大会 注目選手紹介

2014年センバツ高校野球大会 注目選手紹介



甲子園 / ryosalem


これまで2回にわたって来年の第86回選抜高校野球大会出場校予想(一般選考28校・21世紀枠3校・明治神宮大会枠1校)をしてきました。

とりあえず出場が微妙なところもありますが、個人的にはこのような感じになると予想しました。

⇒ 2014年 第86回選抜高校野球大会出場校予想

⇒ センバツ21世紀枠有力候補予想(第86回選抜高校野球大会)

実際のセンバツ出場校決定は例年通りなら1月下旬となっています。

今回は、個人で作った32校の予想を元にセンバツの注目選手を紹介してみます。

できるだけ出場の可能性が高い高校の選手を紹介しますので、予めご了承ください。

※出場校決定後の注目選手紹介はこちらです。

⇒ 第86回選抜高校野球大会(2014) 注目選手紹介(投手編)

⇒ 第86回選抜高校野球大会(2014) 注目選手紹介(野手編)

来年のドラフト注目候補の安楽智大(済美)高橋光成(前橋育英)などの有名選手は、母校がセンバツ大会に出場する可能性が低いので今回は取り上げません。

では、早速紹介していきます。

有名選手紹介



田嶋 大樹(佐野日大)投手/左投左打

田嶋投手は身長180センチ体重73キロの大型左腕投手です。
直球の最速は145キロを計測し、秋の栃木大会では28回2/3を投げて無失点、関東大会でも1回戦の東海大甲府戦では9回で11奪三振を奪う好投を見せています。
武器は勢いのあるストレートですが、最近はスライダー・チェンジアップなどの変化球を磨いています。


飯塚 悟史(日本文理)投手/右投左打

飯塚投手は身長187センチ体重76キロの右腕投手です。
長身から投げ下ろす140キロ中盤のの直球が武器の本格派右腕ですが、 変化球もフォーク・スライダー・カーブと多彩な変化球を投げ分けます。
また、明治神宮大会決勝戦では打者として2打席連続本塁打を放つなど、打撃面でもプロのスカウトが注目しています。

スポンサードリンク

山岡 就也(広島新庄)投手/ 左投左打

山岡投手は身長173センチと小柄な投手ですが、キレのある最速143キロの直球とスライダーを投げ分ける左腕です。
秋の広島大会決勝戦では8安打を浴びるも、緩急を使った投球で9回を2失点と好投しました。


岸 潤一郎(明徳義塾)外野手/投手

岸選手は鋭い打球を広角に打てる打撃が魅力の選手です。
また、投手としても直球は130キロ後半ながら、持ち前の制球力で勝負するタイプの投球術で打者を打ち取ります。
小さく横滑りするスライダーと縦に鋭く落ちるスライダーを投げ分け、打者に的を絞らせなず空振りを取れることが武器と言えるでしょう。


注目選手紹介



新井 勝徳(八戸学院光星)外野手/投手

186センチと大柄な選手で、綺麗なスイング軌道から打球を遠くへ飛ばす能力を秘めた選手です。

相馬 和輝(角館)投手

非常に伸びのある140キロの直球と変化球もカーブ・スライダーを両サイドに投げ分ける制球力が魅力です。

稲葉 恒成(佐野日大)投手

長身から投げ下ろす130キロ後半の直球と縦に鋭く落ちるスライダーをほぼ同じフォームから投げ分けて三振を奪える投手です。

比嘉 新(白鴎大足利)投手

球速は130キロ前半ながら球威のある直球と2種類のスライダーを使い分ける制球力、クイックの甘さが持ち味の投手です。

永谷 暢章(履正社)投手

1年生ながら188センチの長身から最速147キロの速球を投げ込む本格派右腕です。

名西 宥人 (池田)投手

秋の徳島大会3位決定戦で、伸びのある直球を武器に12奪三振を奪いノーヒットノーランの快挙を達成しました。

伊波 友和(美里工)投手

高い身体能力から繰り出される直球は最速141キロを記録し、その直球を武器に三振を奪う投手です。


分かる範囲で紹介しましたが、このような感じでしょうか。

まだまだ良い選手はたくさんいると思いますので、来春のセンバツ大会が楽しみですね。


※選抜大会特設ページを設置しました。ここに選抜関連の記事をまとめておきます。
センバツロゴ

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ