2013年プロ野球 移籍&補強情報まとめ

スポンサードリンク

2013年プロ野球 移籍&補強情報まとめ

2013年プロ野球 移籍&補強情報まとめ



MLB Instant Replay Decision / Keith Allison


今回は現時点でのプロ野球の移籍・補強状況を紹介します。

まずは今シーズン日本一の楽天から紹介します。


楽天


FAで大竹寛・片岡治大などを狙うも失敗。阪神から流出したスタンリッジ獲得に乗り出すも状況は厳しいです。

エースの田中将大のメジャー移籍の可能性が低くなったことは、球団的には幸運と言えるでしょう。


西武


今シーズンのパ・リーグ2位西武はFAで片岡治大の流出が確定、涌井秀章も移籍が濃厚となっています。

さらに外国人選手のヘルマンサファテが退団となっています。

西武の補強は全米ドラフト2位のレイノルズ投手とDeNAを自由契約になった森本稀哲を獲得しています。

また、巨人とロッテから人的補償選手が1名ずつ獲得できます。


ロッテ


ロッテは今オフ、目立った流出はありません。戦力補強の方は西武から涌井秀章の獲得を表明しています。

すぐにでも合意かと思われましたが、未だ交渉が難航しているのか獲得情報が入ってきていません。

獲得した場合は人的補償選手として選手1名が西武へ移籍します。

また、外国人選手のクルーズ内野手を獲得し、ハフマン外野手を入団テストを経て獲得しています。


ソフトバンク


今年Bクラスに沈んだソフトバンクは大補強を敢行し、FAで中田賢一鶴岡慎也を獲得しています。岡島秀樹の獲得も決定し、1年ぶりにソフトバンクに復帰することになりました。

さらに外国人選手の方でも、新規でカニザレス内野手を獲得していますが、他球団から流出した李大浩スタンリッジも獲得濃厚です。

それに加え、サファテ・ウルフを獲得調査中という情報も入っています。

ソフトバンクからは捕手の山崎勝己と中継ぎのファルケンボーグが流出し、人的補償で1名が日本ハムへ移籍します。


オリックス


オリックスは主砲の李大浩とサードのバルディリスが流出しました。

その穴を埋めるため西武を退団したヘルマンとソフトバンクのペーニャを獲得しています。

さらにFAで山崎勝己を獲得、谷佳知が巨人から復帰します。


日本ハム


今シーズンは最下位に沈んだ日本ハムはFAで鶴岡慎也が移籍し、先発投手のウルフが退団しました。

新外国人投手としてメンドーサクロッタを獲得しています。またトレードでDeNAより佐藤祥万を獲得。

さらに鶴岡慎也の人的補償でソフトバンクから人的補償選手が獲得できます。


巨人


今年、惜しくも日本一を逃した巨人もソフトバンクと並ぶ大補強を行っています。

FAで大竹寛片岡治大を獲得、さらに中日を自由契約になった井端弘和も獲得しています。

巨人からはFAで小笠原道大が中日へ移籍、人的補償選手2名が広島と西武へ移籍します。


阪神


阪神からはFAで久保康友が移籍、スタンリッジが退団しました。

補強は外国人の呉昇垣投手とゴメス内野手を獲得、ロッテを退団した吉見祐治の獲得にも成功しています。

また、人的補償でDeNAから選手を1名獲得できます。


広島


FAで大竹寛が移籍し、先発の柱を失った広島は巨人から人的補償選手が獲得できます。

また、フィリップス投手を獲得しています。


中日


FAで中田賢一がソフトバンクへ移籍しましたが、巨人からFAで小笠原道大を獲得しています。

さらにトライアウトで工藤隆人を獲得し、新外国人のヘルナンデス内野手・ゴメス外野手を獲得。

以前中日に在籍していたパヤノ投手も獲得しています。


DeNA


FAで阪神より久保康友を獲得し、オリックスを退団したバルディリスの獲得に動いています。

また、中日を退団した柳田殖生と日本ハムからトレードで加藤政義を獲得しています。

DeNAからはモーガンが退団濃厚、人的補償選手で1名が阪神へ移籍します。


ヤクルト


ヤクルトはFAで中田賢一を狙うも失敗しました。

台湾プロ野球でプレーしていた、元巨人の真田裕貴を獲得しています。


※各球団の補強状況の最新版はこちらです。
2014年 プロ野球12球団補強状況[最新版]

※FA状況の総括はこちらです。
2013シーズンオフ FA移籍選手総括

※FAの移籍状況はこちらで紹介しています。
2013プロ野球FA選手の最新動向+人的補償予想

※プロ野球開幕情報特設ページを設置しました。ここに順位予想や補強情報、若手選手などの記事をまとめておきます。
tokusetsupng

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ