第85回都市対抗野球大会(2014)注目選手紹介

スポンサードリンク

第85回都市対抗野球大会(2014)注目選手紹介

第85回都市対抗野球大会 注目選手紹介



東京ドームシティ / Kentaro Ohno


今年の都市対抗野球大会も近づいてきましたので、当サイト恒例の「注目選手紹介」を行います。

今回は、第85回都市対抗野球大会に出場するチームに所属している注目選手を取り上げたいと思います。

また本戦出場チームを尊重し、「補強選手」として出場する選手は取り上げないことにします。

社会人野球の選手は幅広く活躍しているので、見る人によって個々の評価に差が出やすくなっています。なので、できるだけ多くのチームの選手を紹介していきたいと思います。

注目の投手


福島由登(ホンダ)
大阪桐蔭-青山学院大
福島投手は伸びのある速球と緩急を武器に三振を取るタイプの投手で、高校時代は甲子園優勝も経験しています。また、変化球はスライダーやカーブなどを駆使して打者を惑わします。昨年の日本選手権初戦では12奪三振の好投を見せました。


高木伴(NTT東日本)
市立川口-東京農業大
高木投手は伸びのある直球と変化球を武器とする本格派右腕です。また、昨年の都市対抗でも活躍し、社会人選手で唯一の侍ジャパン入りを果たしています。スライダー・フォークといったキレの良い変化球にも注目です。


尾田佳寛(JX‐ENEOS)
広島工-東京国際大
尾田投手は直球とフォークのコンビネーションを得意とする投手です。球速は140キロ台後半ですが、見た目以上のノビを感じ取ることができます。変化球はフォーク以外にもスライダー・カーブなども繰り出します。


菅野智也(JR東海)
東総工-東京情報大
菅野投手はキレのある直球に加え制球力を持ち味とする右腕です。また連投に耐えうる強靭なスタミナも魅力一つと言えるでしょう。スリークォーターがらカーブ・スライダー、緩急をつけたチェンジアップを操ります。


小畑彰宏(大阪ガス)
鳥取西-青山学院大
小畑投手は最速146キロの直球が魅力のスリークォーター右腕です。鋭い腕の振りで直球・スライダー・シンカーなどキレの良い球を投げ込みます。また、直球を低めに集める制球力にも定評があります。


濱野雅慎(JR九州)
神戸西-国士舘大
濱野投手はスライダー・シュート・シンカーなどの多彩な変化球を繰り出すサイドハンド右腕です。加えて直球にも勢いがあり、得意の変化球はキレが魅力的です。また、2009年の日本選手権ではMVPも受賞しています。

注目の野手


石岡諒太(JR東日本)
神戸国際大付
石岡選手は常に全力プレーが信条の俊足打者です。また、鋭い打球を飛ばすパワー、遠投100メートルの強肩も光ります。1年目の2011年都市対抗で若獅子賞に輝き、昨年は社会人日本代表にも選ばれています。


江藤圭樹(セガサミー)
大分商-日本文理大
江藤選手は高い走塁技術と堅実な守備が魅力の巧打者です。身長171センチと小柄な選手ですが、ヘッドスピードとミート力があり、逆方向にも強い打球を飛ばすことができる打撃技術を持っています。


石川桜太(東芝)
東海大望洋-東海大
石川選手は走攻守の三拍子が揃った外野手で、昨年の都市対抗野球では打率5割をマークし、首位打者と若獅子賞を獲得しています。豪快な打撃が持ち味の選手で、広角に打ち分けることができる打撃センスに注目です。


小田裕也(日本生命)
九州学院-東洋大
小田選手は昨年のドラフト会議の候補にも挙げられていた俊足好打の外野手です。野球選手としては小柄ですが、パンチ力のあるシュアな打撃力に加え、広い外野守備と遠投110メートルの強肩が魅力的です。


橋本駿介(JFE西日本)
福岡第一-日本文理大
橋本選手は抜群の走力を持つ選手で、その一塁到達速度は軽く4秒を切ると言われています。それに加えて、次の塁を狙う積極姿勢も高く評価されるべきでしょう。打撃面では、長打力はないもののミート力に優れている選手です。


稲垣翔太(ホンダ熊本)
明豊
稲垣選手は躍動感溢れるプレーに注目したい選手で、三塁手・遊撃手としての守備も光ります。体は細いものの飛距離のある打球を飛ばすことのできる打撃技術、体重移動やミートの上手さに注目の選手です。


※都市対抗野球大会特設ページを設置しました。
button_003

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ