灯油をこぼした!?その際に必要な処置

3d46a548c170ba3731a532f1d4388608 8 - 灯油をこぼした!?その際に必要な処置

エアコンやファンヒーターと異なり、ストーブは風が無く、ほんのり見える炎から、温かさを感じられたり、運転音も静かで、じわじわと温かくなる感じがとてもいいですね。

しかし、エアコンやファンヒーターに比べて給油しなければならない「面倒くささ」があります。

この「面倒くさい」という思い、あなどってはいけません。面倒くさいという思いからうっかりやってしまう事で大惨事を招く事があります。

「何度も給油するのが面倒だからとギリギリまで入れてしまう」「寒い所で給油するのが嫌だからストーブの前で給油」「軍手を付けるのが面倒くさくて素手で蓋を閉めると、手に灯油がついて臭うから蓋閉めが甘くなる」

これらはどれも「灯油漏れ」の原因となりえます。灯油ストーブの良さはこの面倒くささを乗り越えてこそです。

さて、面倒くささをしっかり乗り越えてきっちりやっているのにも関わらず、灯油をこぼしてしまったら?その後処理も頑張って乗り越えるしかありません(笑)

灯油をこぼしてしまった時に必要な処置方法をご紹介しますね。


スポンサードリンク

灯油をこぼしたときの対処法

af7fb79b039696f8896143778a63203e 8 - 灯油をこぼした!?その際に必要な処置

まず、灯油をこぼしたからと焦る必要はありません。鼻につく臭いと「取扱注意」の張り紙に焦らされる必要は全くありません。拭けばいいのです。

灯油は火元でこぼさなければ発火点(着火源が無くても自ら発火する最低温度)が260℃前後とかなり高い為、自然発火する恐れはありません。

こぼしてしまった灯油は油です。新聞紙などに吸わせてまずは拭きます。余裕があるなら、肌に灯油が触れないようにゴム手袋をして掃除をした方がいいですね。

また、強烈な臭いが残る為、拭きとったものや灯油がついた衣服は捨てられるものであれば捨ててしまった方が簡単です。しかし、床やお気に入りの衣服の場合、捨てるわけにはいきません。

臭いを取るには消毒用アルコールがおすすめです。薬局に売っているエタノールで大丈夫です。

灯油の臭いが残っている部分にアルコールを染み込ませると、アルコールが灯油の臭いを吸着します。アルコールは揮発性が高いので、乾くまでそれほど時間はかかりません。例えば、アルコールの入った消臭スプレーでも同じ効果が得られます。

掃除の際注意したいのが、あちこちに灯油を垂らさない事です。あっちこっちに臭いをつけてしまうと、とにかく臭くて気持ち悪くなっちゃいますのでご注意下さい。

灯油がついたものを捨てる際も発火点が低い為、あまり気にせず捨ててしまって大丈夫ですが、臭いを放たないように空気をなるべく抜いて封を固くして捨てるのがいいでしょう。

また、灯油の引火点(着火源があった時に発火する温度)は40℃以上ですから、猛暑日は着火源があると燃え広がる可能性があるので、夏場の処理の際は火元にご注意下さい。


スポンサードリンク

こぼさない工夫

cbd1b6393c137ade5b92f19861437702 8 - 灯油をこぼした!?その際に必要な処置

灯油をこぼさないように、まず「焦らない」「無理をしない」という事を心掛けてみて下さい。

自動ポンプで汲み上げても、手動でシュポシュポやっても、瞬時に満タンになるわけではありませんね。寒い場所に置いてある灯油を給油しに行くので、どうしても寒くて「焦って」(ちゃっちゃと終わらせたい!という気持ちが強くなって)しまいますが、そうすると、うっかりこぼすという事が多くなります。

また、つい、また給油しに来るのが面倒で「無理をして」決められた上限よりも上の線まで入れようとしてしまうと、こぼしてしまうリスクが高くなります。

子供が机の上の牛乳を倒してこぼしてしまうように、こぼすということは「うっかり」がつきものです。

こぼしてしまってもそれ自体が有害である事はありませんから適切に処理すればいいのですが、その作業はこぼさないように注意するよりもはるかに労力を要します。

急がば回れの精神で灯油と向き合ってみて下さいね。

まとめ

灯油というと大きな火事を思い浮かべてしまい、何かあると焦ってしまいがちですが、まず、火元がそばになければ自然発火する事はありませんので、「臭いのきつい油」と思って扱い、処理して頂くといいかもしれません。

サラダ油が床にこぼれても「あーあ」という気持ちで処理できますよね。灯油も基本的には同じです。焦らず、処理して下さいね。



スポンサードリンク