夏の甲子園2014〈46〉 長野県大会の展望と優勝予想考察

スポンサードリンク

夏の甲子園2014〈46〉 長野県大会の展望と優勝予想考察

長野県大会の展望と優勝予想考察



20120826 Sonohara 6 / BONGURI


今回は長野県大会を取り上げます。

第96回大会(2014)日程と概要

組み合わせ抽選会:6月28日
組み合わせトーナメント長野県高野連HP
長野県大会:7月12~7月28日

球場:オリンピックスタジアムほか
2013年参加校数:89校

過去3大会の実績

第95回高校野球選手権大会結果(長野県大会)

優勝:上田西
準優勝:佐久長聖
ベスト4:長野商・地球環境
ベスト8:上田千曲・松商学園・東京都市大塩尻・田川

2013年秋季長野県大会結果

優勝:東海大三
準優勝:地球環境
ベスト4:長野西・飯山
ベスト8:松商学園・岡谷南・長野日大・佐久長聖

2014年春季 長野県大会結果

優勝:創造学園
準優勝:松本第一
ベスト4:上田西・下諏訪向陽
ベスト8:長野日大・長野吉田・東海大三・長野商

2014年 長野県大会の展望

今年の夏の大会における注目の一番手は、15年ぶりに選抜大会出場を果たした東海大三でしょうか。

やはり新チームとなってから甲子園という大舞台を経験したことは自信につながるはずです。

打線はもう一つの感がありますので、投手消耗が激しい夏の大会では、細かな継投で逃げ切る守りの野球が中心戦術になると思います。

秋季大会準優勝、秋季北信越大会ベスト4の結果を残した地球環境は、高い総合力を活かした戦いが得意なチームです。

春季大会では予選敗退となりましが、攻守にソツのない野球を武器に総合力で県大会初優勝を狙います。

制球力が自慢の好左腕・寺沢星耶を擁する佐久長聖は、投手力の厚さが最大の武器となるでしょう。

夏の大会の過酷日程を乗り切るためには、良い投手の枚数が必要になります。この点を考えれば優勝候補かもしれません。

春季大会優勝の創造学園は、下馬評を完全に覆す快進撃を見せつけました。夏もこの勢いで、久々の夏の甲子園出場を目指します。

同じく春季大会準優勝の松本第一も、夏に向けてのチーム作りが上手いチームですので、こちらも注目の高校でしょう。

投打にわたって存在感のある川上清敬を擁する長野日大、秋季大会で躍進を見せた長野西、春季大会で好ゲームを見せた下諏訪向陽も有力な高校と言えます。

その他には、打撃力のある岡谷南やバッテリーが安定している飯山、総合力の高い長野商にも注目です。

長野県大会の考察まとめ

優勝候補:佐久長聖・東海大三

有力校:長野日大・地球環境・創造学園・下諏訪向陽

注目校:松本第一・長野西・岡谷南・長野商

※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ