夏の甲子園2014〈43〉 山形県大会の展望と優勝予想考察

スポンサードリンク

夏の甲子園2014〈43〉 山形県大会の展望と優勝予想考察

山形県大会の展望と優勝予想考察



IMG_0019 / Japanexperterna.se


今回は山形県大会を取り上げます。

第96回大会(2014)日程と概要

組み合わせ抽選会:6月26日
組み合わせトーナメント山形県高野連HP
山形県大会:7月11~7月24日 

球場:荘銀・日清スタジアムほか
2013年参加校数:52校

過去3大会の実績

第95回高校野球選手権大会結果(山形県大会)

優勝:日大山形
準優勝:米沢中央
ベスト4:山形中央・酒田南
ベスト8:東海大山形・新庄東・山形明正・鶴岡東

2013年秋季山形県大会結果

優勝:山本学園
準優勝:日大山形
ベスト4:酒田南・酒田光陵
ベスト8:山形中央・鶴岡南・鶴岡東・新庄東

2014年春季山形県大会結果

優勝:日大山形
準優勝:山本学園
ベスト4:鶴岡東・酒田南
ベスト8:米沢興譲館・楯岡・九里学園・羽黒

2014年 山形県大会の展望

まず春季大会優勝の日大山形ですが、昨年の夏の甲子園では県勢初となるベスト4入りを果たしています。

新チーム発足後の秋季大会では準優勝となりましたが、春季大会では前述の通り優勝を飾っています。

選手では昨年の甲子園を経験した選手もおり、総合力では県内では頭一つ抜けている印象です。

秋季大会優勝の山本学園は、これが初の県大会制覇となりました。

投手面では2枚看板が揃い、野手陣も攻守に優れた選手が揃っている「守りのチーム」です。

試合運びの上手い試合巧者なチームですが、春季大会では決勝戦で大敗を喫しました。

秋春でベスト4入りした酒田南は、バッテリーが安定していることが有力な点です。

特に捕手の三浦颯大は、シェアな打撃が魅力の大型捕手です。

秋季大会ベスト8の山形中央は、好投手の石川直也・高橋和希という2投手を擁しています。

投手層の厚さが過密日程の夏の大会において優位に働くのではないでしょうか。

2012年に4校が統合して発足した酒田光陵は、多くの部員を抱え競争意識が高い点が強みです。

秋季大会ではベスト4入りを果たし、続く夏も優勝を狙います。

その他には、好選手の高橋謙介を擁する山形南、春季大会ベスト4の鶴岡東、ベスト8の楯岡、秋季大会ベスト8の鶴岡南、総合力のある羽黒九里学園が有力な高校と言えるでしょう。

山形県大会の考察まとめ

優勝候補:日大山形・山本学園

有力校:酒田南・山形中央・酒田光陵・鶴岡東

注目校:羽黒・九里学園・山形南・九里学園

※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ