夏の甲子園2014〈36〉 島根県大会の展望と優勝予想考察

スポンサードリンク

夏の甲子園2014〈36〉 島根県大会の展望と優勝予想考察

島根県大会の展望と優勝予想考察



_DSC1293.jpg / snotch


今回は島根県大会を取り上げます。

第96回大会(2014)日程と概要

組み合わせ抽選会:6月21日
組み合わせトーナメント島根県高野連HP
島根県大会:7月15~7月26日 

球場:松江市営球場ほか
2013年参加校数:39校

過去3大会の実績

第95回高校野球選手権大会結果(島根県大会)

優勝:石見智翠館
準優勝:立正大淞南
ベスト4:松江商・開星
ベスト8:浜田商・松江北・浜田・大東

2013年秋季島根県大会結果

優勝:大社
準優勝:出雲西
ベスト4:大東・安来
ベスト8:矢上・立正大淞南・大田・島根中央

2014年春季島根県大会結果

優勝:開星
準優勝:大東
ベスト4:大社・浜田
ベスト8:矢上・石見智翠館・出雲工・松江農林

2014年 島根県大会の展望

まず昨秋優勝の大社ですが、投打の柱が揃っていることが最大の強みでしょう。

エースの藤田翔紀はテンポよく打たせて取るタイプの投手、また4番の酒井振太郎は勝負強い打撃が持ち味です。

しかし春季大会では、準決勝で開星に惜敗という悔しい結果に終わっています。

その開星は、この勢いで一気に春季大会を制することに成功しています。

戦力の最大のポイントは、エース恩田和季を中心とした3枚の投手力です。捕手・外野手の黒田雅也も力のある打撃が魅力です。

春を制した力に磨きをかければ、3年ぶりの夏の甲子園が見えてくるでしょう。

好投手の八沢貴洋を擁する出雲西は、秋季大会準優勝の好成績を収めています。

しかし春は1回戦で石見智翠館に11点を取られ、まさかの大敗を喫しています。夏に向けてエースの成長が鍵となるでしょう。

その石見智翠館は、昨年の夏の大会を制したチームで、今年も連覇に期待がかかります。昨年の甲子園を経験した選手がいることが最大の強みでしょうか。

秋・春と力が発揮できないままに敗戦を迎えてしまいましたが、夏の大会では巻き返しを図ります。

選抜大会の21世紀枠候補にも選出された大東は、春季大会でベスト4入りし、夏は自力での甲子園出場が目標です。

強豪の立正大淞南は、なかなか結果が付いてきませんが、地力の高さでは他の強豪に負けていないでしょう。

その他には、秋ベスト4で投手陣が豊富な安来、好投手を擁する松江北、打撃力が優れた浜田、総合力の高い矢上が挙げられるでしょう。

島根県大会の考察まとめ

優勝候補:開星・大社

有力校:石見智翠館・大東・出雲西・立正大淞南

注目校:安来・松江北・浜田・矢上

※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ