第63回全日本大学野球選手権大会(2014)出場校決定と組み合わせトーナメント

スポンサードリンク

第63回全日本大学野球選手権大会(2014)出場校決定と組み合わせトーナメント

第63回全日本大学野球選手権大会(2014)出場校決定と組み合わせトーナメント




IMG_6490.JPG / boomer-44


本日の慶應義塾大学の優勝を以て、今年で第63回となる全日本大学野球選手権大会の出場校26校が全て出揃いました。

最終節までもつれ込む熱戦も多く、非常に見ごたえのあるリーグ戦となりました。

それでは早速、全日本大学野球選手権大会に出場する26校を見ていきましょう。

第63回全日本大学野球選手権大会(2014)出場校


【北海道地区】2連盟
苫小牧駒大(北海道学生)
道都大(札幌学生)

【東北地区】3連盟
富士大(北東北大学)
仙台大(仙台六大学)
東日本国際大(南東北大学)

【関東・甲信越地区】7連盟
国際武道大(千葉県大学)
山梨学院大(関甲新学生)
創価大(東京新大学)
慶應義塾大(東京六大学)
神奈川大(神奈川学生)
亜細亜大(東都大学)
東海大(首都大学)

【北陸・東海地区】3連盟
愛知学院大(愛知大学)
静岡大(東海地区大学)
福井工業大(北陸大学)

【関西地区】5連盟
立命館大(関西学生)
龍谷大(関西六大学)
大阪体育大学(阪神大学)
奈良学園大(近畿学生)
佛教大(京滋大学)

【中国・四国地区】3連盟
広島経済大(広島六大学)
福山大(中国地区大学)
松山大(四国地区大学)

【九州地区】3連盟
九州産業大(福岡六大学)
福岡大(九州六大学)
西日本工業大(九州地区大学)


という結果になりました。

お馴染みの大学が出場している連盟もありますが、久しぶりの出場、もしくは初出場といった大学もありますね。

初出場の大学を挙げてみると、苫小牧駒大(北海道学生)・仙台大(仙台六大学)・山梨学院大(関甲新学生)といったところでしょうが。

また、久々の出場となりますと福山大(中国地区大学)が28年ぶり、静岡大(東海地区大学)が43年ぶりに選手権大会出場を果たしています。

第63回全日本大学野球選手権大会組み合わせトーナメント


では続いて、第63回全日本大学野球選手権大会の組み合わせトーナメントを見てみます。

すでに連盟別に組み合わせが決まっていますので、以前作成した表に大学名を入れてみると、

63daigaku

となりました。

シード校は、

・仙台大(仙台六大学)
・慶應義塾大(東京六大学)
・山梨学院大(関甲新学生)
・亜細亜大(東都大学)
・東海大(首都大学)
・大阪体育大(阪神大学)


の6校となりました。

※日程等に関しましては以前の記事を参照してください。

⇒ 第63回全日本大学野球選手権大会(2014)の日程と出場方法


※2014年大学野球春季リーグ戦の成績を紹介しています。
2014daigaku-1

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ