夏の甲子園2014〈27〉 山梨県大会の展望と優勝予想考察

スポンサードリンク

夏の甲子園2014〈27〉 山梨県大会の展望と優勝予想考察

山梨県大会の展望と優勝予想考察



甲府の町並み / monoooki


今回は山梨県大会を取り上げます。

山梨県では山梨学院大付が昨年の秋季関東大会ベスト4の成績を残して選抜大会出場を果たしています。

第96回大会(2014)日程と概要

組み合わせ抽選会:6月24日
組み合わせトーナメント山梨県高野連HP
山梨県大会:7月8~7月21日 

球場:山日YBS球場ほか
2013年参加校数:38校

過去3大会の実績

第95回高校野球選手権大会結果(山梨県大会)

優勝:日川
準優勝:日本航空
ベスト4:駿台甲府・東海大甲府
ベスト8:巨摩・甲府城西・身延・山梨学院大付

2013年秋季山梨県大会結果

優勝:山梨学院大付
準優勝:東海大甲府
ベスト4:日本航空・日川
ベスト8:甲府商・谷村工・甲府工・都留

2014年春季山梨県大会結果

優勝:甲府工
準優勝:山梨学院大付
ベスト4:笛吹・市川
ベスト8:都留・日川・日本航空・東海大甲府

2014年 山梨県大会の展望

まず選抜大会出場の山梨学院大付ですが、投手野手ともに好選手が多く揃っています。

中でも遊撃手の菊池海斗は勝負強い打撃が持ち味の選手で野手の中心的な選手と言えるでしょう。

春季大会でも決勝まで進んでいますが、甲府工に7-5で敗退と悔しい結果に終わっています。

春季大会優勝の甲府工は、昨年の夏の大会で初戦敗退という結果に終わってしまいましたが、新チーム体制発足から着々に力をつけてきているチームです。

好投手を擁しているだけに夏の大会も注目の高校と言えるでしょう。

秋季大会準優勝の東海大甲府は、プロ注目の好素材である外野手の望月大貴が注目の選手です。

同校からは続けて野手のドラフト1位を生み出しているだけに、彼の活躍が夏の大会の結果を左右するかもしれません。

昨年の夏の大会優勝校の日川も昨年の甲子園大会を経験者が多く残っており、投打にバランスの取れたチームなだけに有力な高校です。

秋季大会ベスト4・春季大会ベスト8の日本航空も実力を持った高校です。強打のチームだけに、夏に向けて投手力の整備が課題でしょうか。

秋春で続けてベスト8入りしている都留も見逃せない高校です。こちらも打撃力抜群のチームなだけに注目です。

その他の高校では、好投手を擁する甲府商富士学苑、春季大会で共にベスト4入りした笛吹市川といった高校にも侮れない実力を持っています。

山梨県大会の考察まとめ

優勝候補:山梨学院大付・東海大甲府

有力校:甲府工・日川・日本航空・都留

注目校:甲府商・笛吹・市川・富士学苑

※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ