2014年プロ野球新人王有資格者の現在の成績

スポンサードリンク

2014年プロ野球新人王有資格者の現在の成績

2014年プロ野球新人王有資格者の現在の成績



100_2168 / misawakatsutoshi


以前、今年の新人王候補選手を挙げ、色々と評論したのですが、プロ野球も開幕から1ヶ月半が経過しましたので、ここで新人王候補の成績を見ていこうと思います。

時間がある方は、開幕前に書いた下記記事をご覧下さい。

⇒ 2014年プロ野球 セパ新人王候補と予想考察

まず開幕前に参考にした小関順二氏の予想に登っていたのが、

大瀬良大地(広島)
柿田裕太(DeNA)
岩貞祐太(阪神)
平田真吾(DeNA)      
石川歩(ロッテ)    
吉田一将(オリックス)  
浦野博司(日本ハム)   
森唯斗(ソフトバンク) 


という8選手、いずれも投手です。

そして当サイトで開幕1軍濃厚の野手に挙げていたのが、

小林誠司捕手(巨人)
梅野隆太郎捕手(阪神)
田中広輔内野手(広島)
西浦直亨内野手(ヤクルト)
井上晴哉内野手(ロッテ)
岡大海内野手(日本ハム)


の6選手です。

また、ルーキー以外の新人王有資格者として名前を挙げていたのが、

東浜巨投手(ソフトバンク)
加藤翔平外野手(ロッテ)
一岡竜司投手(広島)
宮崎敏郎内野手(DeNA)


の4選手です。

新人王有資格者の現在の成績


では、現在1軍で活躍している選手の成績を紹介します。

ここで紹介する選手は、

・投手 規定投球回の1/3以上
・野手 規定打席の1/3以上 


を達成している選手となります。

セ・リーグ投手

今村信貴(巨人) 3試合(11.2/3回)1勝0敗 防御率7.71
岩崎優(阪神) 6試合(34回)2勝3敗 防御率3.71
金田和之(阪神) 14試合(18回)0勝0敗 防御率4.00
大瀬良大地(広島) 6試合(43.1/3回)4勝1敗 防御率2.70
九里亜蓮(広島) 7試合(27回)2勝2敗 防御率4.67
一岡竜司(広島) 16試合(16回)1勝0敗11H 防御率0.00
福谷浩司(中日) 19試合(19.2/3回)0勝2敗8H 防御率2.29
又吉克樹(中日) 15試合(19.1/3回)2勝0敗1H 防御率5.12
祖父江大輔(中日) 14試合(18.1/3回)0勝0敗2H 防御率2.45
濱田達郎(中日) 3試合(12.1/3回)1勝0敗 防御率0.73
三上朋也(DeNA) 16試合(20回)0勝0敗3H3S 防御率0.45
秋吉亮(ヤクルト) 13試合(22.2/3)0勝3敗3H 防御率3.57

セ・リーグ野手

梅野隆太郎(阪神) 36打数7安打2本塁打3打点 打率.194
田中広輔(広島) 41打数8安打1本塁打4打点 打率.195
白崎浩之(DeNA) 63打数17安打0本塁打1打点 打率.270
西浦直亨(ヤクルト) 32打数5安打1本塁打5打点 打率.156

パ・リーグ投手

森雄大(楽天) 4試合(21.1/3回)2勝2敗 防御率4.64
松井裕樹(楽天) 4試合(19.1/3回)0勝3敗 防御率6.05
西宮悠介(楽天) 17試合(16.2/3回)1勝0敗 防御率2.16
豊田拓矢(西武) 13試合(14.1/3回)2勝1敗 防御率2.51
高橋朋己(西武) 14試合(14回)0勝1敗3H6S 防御率2.57
石川歩(ロッテ) 6試合(42回)3勝1敗 防御率2.14
吉田一将(オリックス) 4試合(20.1/3回)2勝1敗 防御率3.54
東明大貴(オリックス) 9試合(13回)1勝0敗 防御率5.54
上沢直之(日本ハム) 6試合(38回)5勝1敗 防御率2.84
浦野博司(日本ハム) 6試合(32.2/3回)2勝0敗 防御率3.03

パ・リーグ野手

吉田裕太(ロッテ) 64打数12安打1本塁打3打点 打率.188
井上晴哉(ロッテ) 49打数10安打1本塁打6打点 打率.204
岡大海(日本ハム) 35打数4安打0本塁打0打点 打率.114

成績を受けて新人王考察


現段階(5月9日終了時点)の成績は上記のようになっています。

まず、セ・リーグの投手では、広島のルーキー・大瀬良大地投手が4勝をマークし、前評判通りの活躍を見せています。

同様に広島の3年目の一岡竜司投手もセットアッパーとして16回を投げ、防御率0点を記録しています。

また阪神ではドラフト6位ルーキーの岩崎優投手が先発ローテ入り、DeNAのドラフト4位ルーキー三上朋也投手が抑えを任されています。

パ・リーグの投手では、日本ハムの3年目右腕・上沢直之投手がすでに5勝をマークしています。

また、即戦力ルーキーの石川歩投手、吉田一将投手、浦野博司投手も前評判通りの活躍を見せています。

続いて野手陣を見てみると、やや苦戦気味なのがわかると思いますが、DeNAの白崎浩之選手、ロッテの吉田裕太捕手はスタメン起用されることが多い印象です。

まだシーズンも始まったばかりなので、これから頑張っていって欲しいところですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ