夏の甲子園2014〈19〉 三重県大会の展望と優勝予想考察

スポンサードリンク

夏の甲子園2014〈19〉 三重県大会の展望と優勝予想考察

三重県大会の展望と優勝予想考察



大王埼- Daiozaki // 2010.02.13 – 08 / Tamago Moffle


今回は三重県大会を取り上げます。

三重県では三重が昨秋の東海大会で優勝し、選抜大会出場を果たしています。

第96回大会(2014)日程と概要

組み合わせ抽選会:6月27日
組み合わせトーナメント三重県高野連HP
三重県大会:7月11~7月27日 

球場:四日市市営霞ケ浦球場ほか
2013年参加校数:64校

過去3大会の実績

第95回高校野球選手権大会結果(三重県大会)

優勝:三重
準優勝:菰野
ベスト4:津商・宇治山田商
ベスト8:海星・四日市・稲生・松阪

2013年秋季三重県大会結果

優勝:三重
準優勝:伊勢
ベスト4:いなべ総合・津田学園
ベスト8:津商・四日市西・海星・津西

2014年春季三重県大会結果

優勝:三重
準優勝:いなべ総合
ベスト4:松阪・松阪商
ベスト8:四日市南・伊勢工・稲生・海星

2014年 三重県大会の展望

まず昨年の秋季大会と今年の春季大会を制した三重が優勝候補の筆頭と言えます。

昨年の夏を制した旧チームの主力がそのまま残り、投打とも柱の選手が存在している点が心強いです。

その対抗馬として挙げられるのが、秋季大会準優勝の伊勢と、春季大会準優勝のいなべ総合、昨夏準優勝の菰野でしょう。

伊勢は選抜大会の21世紀枠候補となりましたが、甲子園出場を果たすことができず、夏は総合力を武器に甲子園大会出場を狙います。

いなべ総合はプロ注目右腕の石垣幸大を柱にまとまったチーム力が魅力です。秋春ともに競った試合を落としていますので、更なる守備力の向上が課題でしょう。

昨夏準優勝の菰野は、昨年の秋季大会は不祥事により不参加、春季大会は2回戦負けとなりました。

地力は高いだけに投手力次第では、一気に優勝候補に躍り出るでしょう。

春季大会ベスト4の松阪は、一昨年の夏の大会で優勝の実績を持っており、今年も投手力を武器に甲子園出場を狙います。

同じくベスト4の松阪商は、準決勝でいなべ総合に惜敗するも、3位決定戦で松阪に大敗を喫してしまいました。ここから夏に向けての巻き返しを見せて欲しいものです。

秋季大会ベスト4の津田学園や秋春ベスト8の海星も高い実力を持っているチームです。

また、総合力の高い津商宇治山田商、好投手を擁する四日市西皇學館も面白いチームと言えます。

三重県大会の考察まとめ

優勝候補:三重・いなべ総合

有力校:菰野・松阪・津商・伊勢

注目校:津田学園・松阪商・海星・四日市西

※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ