夏の甲子園2014〈18〉 愛知県大会の展望と優勝予想考察

スポンサードリンク

夏の甲子園2014〈18〉 愛知県大会の展望と優勝予想考察

愛知県大会の展望と優勝予想考察



20110226 Centrair 4 “I’m fine.” / BONGURI


今回は愛知県大会を取り上げます。

愛知県では長い間、私学4強と呼ばれる強豪校が甲子園常連でしたが、近年では新しい勢力も登場しています。

その中で、秋季東海大会準優勝の豊川が初の選抜大会出場を果たしています。

第96回大会(2014)日程と概要

組み合わせ抽選会:6月28日
組み合わせ愛知県高野連HP
愛知県大会:7月12~7月30日 

球場:岡崎市民球場ほか
2013年参加校数:189校

過去3大会の実績

第95回高校野球選手権大会結果(愛知県大会)

優勝:愛工大名電
準優勝:愛知黎明
ベスト4:愛産大三河・中部大一
ベスト8:春日丘・享栄・丹羽・至学館

2013年秋季愛知県大会結果

優勝:東邦
準優勝:豊川
ベスト4:中京大中京・誉
ベスト8:高浜・菊華・愛産大工・愛産大三河

2014年春季愛知県大会結果

優勝:愛知啓成
準優勝:中京大中京
ベスト4:岩津・東邦
ベスト8:成章・大府・豊田西・愛知黎明

2014年 愛知県大会の展望

まず、選抜大会出場をはたした豊川から見ていきます。

豊川はエースの田中空良、主砲の高桑平士郎といった選抜甲子園を沸かせた選手がおり、選抜でもベスト4に残った実績があります。

春季大会では3回戦負けを喫していますが、夏に向けて豊川の選手たちが、どこまで成長した姿をみせてくれるのか楽しみです。

私学4強の一角の東邦は、秋季大会で優勝を果たした実績を持っています。

エースの大井友登やスラッガーの宮沢一成など能力の高い選手が多い選手が多いのが特徴で、どちらかというと打撃のチームでしょうか。

同じく4強の愛工大名電は、中心に昨夏の主力選手が残っており、総合力の高いチームだと言えます。

春季大会準優勝の中京大中京も4強の一角で、同じく昨夏の柱がチームに残っている点は大きいでしょう。

春季大会で優勝を果たした愛知啓成は、その春季大会決勝戦で中京大中京との接戦を制し優勝を飾っています。

バランス良いチーム編成で、春に続いて夏も優勝を狙います。

春季大会ベスト8の愛知黎明は、昨夏準優勝を果たした旧チーム主力が残っている点が優位です。

秋季大会ベスト4の、春季大会ベスト4の岩津は、夏に向けて更に勢いを付けていきたいことろです。

近年甲子園から遠ざかっている私学4強の享栄は地力のあるチームですので、夏の大会での復活に期待です。

また、好選手を擁する愛知春日丘栄徳、実績十分の愛産大工至学館大府にも注目です。

愛知県大会の考察まとめ

優勝候補:東邦・中京大中京

有力校:豊川・愛工大名電・愛知啓成・愛知黎明

注目校:岩津・愛知・愛産大工・享栄

※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ