巨人・阪神連合チームVSメジャー選抜とオーダー考察

スポンサードリンク

巨人・阪神連合チームVSメジャー選抜とオーダー考察

巨人・阪神連合チームVSメジャー選抜とオーダー考察



MLB Play Stands / Keith Allison


プロ野球が開幕して一ヶ月が経過したわけですが、皆さんの贔屓チームの成績はいかがでしょうか。

最近はプロ野球に関して、あまり記事にすることがないので、今日は以下の記事を元に考察してみようと思います。

巨人と阪神が合同チームを組んで、11月に大リーグ(MLB)選抜と親善試合を行うことが2日、分かった。今秋は8年ぶりに日米野球が復活。11月中旬から野球日本代表「侍ジャパン」とMLB選抜との日米野球が6試合予定されている。その直前に、MLB選抜の来日初戦の相手となるのがGT連合軍で、米選抜との対戦となると、51年以来、実に63年ぶりだ。

(中略)

同時に巨人・菅野、阪神・藤浪ら、次代の日本球界を背負う選手が、メジャーの強打者と対決する可能性も秘める。MLB選抜には、3年連続首位打者で、12年に3冠王にも輝いた現役最強打者のミゲル・カブレラ(タイガース)、三拍子そろった若きスター、トラウト(エンゼルス)らが候補に挙がる。

 関係者は「(巨人、阪神)両軍からベストメンバーを選んでオーダーを組むことになるだろう」と話す。侍ジャパン招集組を除く選手たちにとっても、超一流の大リーガーとの対戦は、またとない貴重な経験。同時に若手選手にとっては、今後の侍ジャパン入りへのアピール、試金石の場ともなる。


引用元:『スポニチアネックス』63年ぶり!巨人・阪神連合VSメジャー選抜 11月甲子園で対決へ


ということで、11月に巨人と阪神の連合チームメジャー選抜と試合を行うようです。

まあシーズンオフのゲームとなりますし、あくまで“親善試合”ということらしいので、そこまで真剣勝負というわけではないようですね。

また、巨人・阪神の2チームのみが試合を行うということで、この辺りに疑問を呈する方も多いと思います。

ですがこれを契機に、背後関係を一切気にせず、巨人・阪神の連合チームのメンバーを考えてみようと思います。

11月に試合を行うということなので、おそらく帰国しているであろう外国人選手を除いてオーダーを組んでみます。

厳密に言えば、主力選手は侍ジャパンに召集される可能性もあると思いますが、ここらへんは考えないものとします。

また2チーム混成チームなので、両球団からバランスよく選手を選んでみたいと思います。

現段階のポジション状況

まずは今シーズンの両チームの投手を除くレギュラーを記してみると、

巨人

捕 阿部慎之助
一 ロペス
二 片岡治大
三 村田修一
遊 坂本勇人
左 アンダーソン
中 橋本到
右 長野久義

阪神

捕 藤井彰人
一 ゴメス
二 上本博紀
三 新井良太
遊 鳥谷敬
左 マートン
中 大和
右 福留孝介


となりました。

上記では現時点までで、ポジションのスタメン出場回数の多い選手を記しています。

なので、現在故障中の選手もいますので、その点はご了承ください。

では、故障中の選手で実績のある選手も加味してチーム編成を考えてみます。

巨人・阪神連合

まず捕手は打力を考慮すると阿部慎之介選手を推します。

現在は下降気味ですが、ここは過去の実績を考えて配置しています。

一塁手は両チームとも外国人選手が守っているので、一旦飛ばして二遊間を考えます。

ここはロマンも含めて、2012年のオールスターで見た鳥谷敬選手坂本勇人選手のコンビを見てみたいです。

そして三塁手は攻守に安定している村田修一選手が良いですね。

外野手は中堅手に大和選手、右翼手に長野久義選手を配置します。

そして、一塁手は一発の魅力がある新井良太選手、左翼手は橋本到選手としてみます。

試合はおそらく指名打者制でしょうから、昨年の交流戦で指名打者に入った西岡剛選手を起用します。

そして先発投手は現在セ・リーグの勝ち頭である菅野智之投手を選びます。

これで打順を組んでみると、

1二 鳥谷敬
2遊 坂本勇人
3指 西岡剛
4三 村田修一
5捕 阿部慎之介
6一 新井良太
7右 長野久義
8左 橋本到
9中 大和
P投 菅野智之


このような感じでしょうか。

打順・ポジションなど色々な考えがあると思いますが、個人的には上記のような感じでまとめてみました。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ