夏の甲子園2014〈12〉 宮崎県大会の展望と優勝予想考察

スポンサードリンク

夏の甲子園2014〈12〉 宮崎県大会の展望と優勝予想考察

宮崎県大会の展望と優勝予想考察



IMG_0458 / ktsugita


今回は宮崎県を取り上げます。

昨年の夏の甲子園大会では、7回目出場の延岡学園が準優勝を果たしています。

第96回大会(2014)日程と概要

組み合わせ抽選会:6月19日
組み合わせトーナメント宮崎県高野連HP
宮崎県大会:7月6~7月21日 

球場:サンマリンスタジアム宮崎ほか
2013年参加校数:49校

過去3大会の実績

第95回高校野球選手権大会結果(宮崎県大会)

優勝:延岡学園
準優勝:聖心ウルスラ
ベスト4:日南学園・宮崎商
ベスト8:鵬翔・宮崎南・宮崎第一・宮崎大宮

2013年秋季宮崎県大会結果

優勝:日南学園
準優勝:日章学園
ベスト4:宮崎南・都城商
ベスト8:宮崎工・鵬翔・高鍋・聖心ウルスラ

2014年春季宮崎県大会結果

優勝:日南学園
準優勝:妻
ベスト4:宮崎北・宮崎南
ベスト8:佐土原・都城農・高鍋・宮崎日大

2014年 宮崎県大会の展望

今回は昨秋と今春の大会で優勝を果たしている日南学園から見ていきます。

日南学園は左腕投手の横川楓薫、捕手の萩原聖翔を中心に能力の高い選手が多い印象です。

今月行われた九州大会でも準々決勝まで進出していることを考えると、県内では突出した力を持っているのではないでしょうか。

その対抗馬として挙げられるのが、打撃力が自慢の日章学園宮崎日大だと思います。

日章学園は昨年の秋季大会決勝戦で日南学園に惜敗、春季大会では3回戦で敗れているだけに投手陣の整備が課題となるでしょう。

一方の宮崎日大は秋3回戦敗退、春準々決勝敗退とチームの勢いが上がってきていないのが心配です。

強豪校だけに、夏の大会に照準を合わせたチーム作りを行っている途中かもしれません。

昨年の夏の大会で優勝し、勢いそのままで甲子園大会準優勝を果たした延岡学園も同様です。

昨秋は1回戦敗退、今春は2回戦敗退となっていますので、これからの巻き返しに期待です。

秋季大会にて延岡学園に競り勝ち、春季大会に日章学園に勝利したのが佐土原です。公立高校ながら好投手を抱えているだけに注目を集めそうです。

一昨年、昨年の夏の大会にて準優勝を飾っている聖心ウルスラは、もともと地力の強いチームなだけに、今年は優勝も狙える力を持っていると言えるでしょう。

その他にも着々とレベルアップを図っている高鍋、好投手を擁する宮崎南、高い守備力を誇る都城商が注目されます。

また、秋ベスト8の宮崎工鵬翔、春準優勝の、健闘した宮崎北都城農も面白い存在と言えます。

宮崎県大会の考察まとめ

優勝候補:日南学園・日章学園

有力校:宮崎日大・聖心ウルスラ・高鍋・延岡学園

注目校:宮崎南・都城商・佐土原・妻

※第96回高校野球選手権大会特設ページを設置しました。
2014koshien

スポンサードリンク


2 Responses to “夏の甲子園2014〈12〉 宮崎県大会の展望と優勝予想考察”

  1. 中村三奈子 より:

    予想がちょっとハズレてますね!わからないのが高校野球

    これからが楽しみです(/▽\)♪

    • tanizou tanizou より:

      コメントありがとうございました。

      ホントそうですね。高校野球は奥が深いです。

      宮崎県大会は明後日から準々決勝ですね。一試合一試合が楽しみです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ