第86回選抜高校野球大会(2014)総括

スポンサードリンク

第86回選抜高校野球大会(2014)総括

第86回選抜高校野球大会(2014)総括



棒球名所甲子園 / Richard, enjoy my life!


3月21日から始まった「第86回選抜高校野球大会」の熱戦も、4月2日の決勝戦を以て全ての日程が終了しました。

優勝は昨秋の京都大会及び近畿大会優勝の龍谷大平安ということになりました。

昨秋行われた明治神宮野球大会(各地区優勝校のみ出場)では、2回戦で日本文理に敗れていただけに、約半年でチームの戦力強化に成功したと言えるでしょう。

近畿地区ベスト4から選抜大会決勝進出の履正社は、近畿大会で敗れた龍谷大平安に2度目の敗退を喫してしまいました。

注目高校の戦いぶり


今大会の初出場校では、豊川(愛知)がベスト4入りと健闘しました。

日本文理・沖縄尚学という優勝候補を倒してのベスト4ということで、夏の甲子園大会でも期待できますね。

しかし、まずは私学四強などの強豪校を倒して愛知県大会で優勝しなければなりません。

その豊川に2回戦で敗れたのが、久々の甲子園出場を果たした池田(徳島)です。

池田はかつての「やまびこ打線」ほどの怖さはありませんが、選手一人ひとりが粘りの野球を見せ、21世紀枠の海南をサヨナラ勝ちで下しました。

敗れた海南(和歌山)は21世紀枠の中で唯一地区大会出場の経験のある高校でしたが、同じく27年ぶり出場の池田の執念が勝ったということでしょうか。

その21世紀枠では、都立初の甲子園に出場した小山台(東京)が挙げられますが、こちらは1回戦で履正社に大敗を喫しました。

同じく21世紀枠の大島(鹿児島)も龍谷大平安に大敗と、21世紀枠の2校は1回戦から優勝校・準優勝校に敗退しました。

龍谷大平安に2回戦で敗れたのが、強打者を揃えた八戸学院光星(青森)です。

八戸学院光星龍谷大平安の豪打に屈し、台湾人留学生の蔡鉦宇選手はこれが最後の甲子園となりました。

八戸学院光星に1回戦で競り負けたのが、優勝候補の前評判も高かった横浜(神奈川)です。

昨秋の関東大会ではベスト8に終わりましたが、今夏の神奈川大会での活躍に期待です。

同じく1回戦屈指の好カードと言われたのが、智弁和歌山(和歌山)・明徳義塾(高知)の2校でした。

ともに甲子園優勝経験もある強豪校で、1回戦から延長15回の熱戦を見せました。

さらにチーム力を磨き、夏の甲子園大会での巻き返しに期待ですね。

この明徳義塾を延長で破ったのが、プロ注目の田島大樹投手を擁した佐野日大(栃木)です。

佐野日大は初めてのベスト4入りを果たしました。

今夏の栃木大会では同じく選抜に出場した白鴎大足利との再戦があるかもしれません。

同じくプロ注目の山岡就也投手を擁した広島新庄(広島)は、桐生第一と延長15回を戦い引き分けると、久々の延長再試合が行われました。

再試合で広島新庄を破った桐生第一(群馬)は、山田知輝投手が2試合を投げぬき一気に脚光を浴びました。

人気記事


昨年の10月ころからこのサイトを始めましたが、選抜大会の特集を行ってから、一気にサイトを見てくれる方が増えました。

ここで私事にはなりますが、選抜関連の人気記事を紹介させていただきます。

[1]第86回選抜高校野球大会(2014) 優勝候補と注目高校の展望

こちらの記事が一番人気となりました。1月26日に脱稿してから、本日までで25万PVという結果になりました。

3カテゴリーに分けて候補を3校ずつ挙げているので、優勝候補予想からは程遠かったかもしれません。

出場校32校で9校も優勝候補に挙げたら予想的中確率1/3ですからね。実際に龍谷大平安が優勝しましたし。

まあ夏もこの手法をとることにします。


[2]第86回選抜高校野球大会(2014)の出場校決定日と大会日程

こちらは7万PVでした。出場校決定日前に書きましたが、大会期間中も読んでくれる方が多かったです。

しかし雨での中止もあったので、実際に役に立ったかは疑問です。


[3]選抜高校野球大会(2014)出場校の戦力分析と比較

3万PVでしたが、記事内容が稚拙過ぎたと反省しています。

読んでくれた方は、雑誌のような打撃力・投手力などの分析を期待されていたのではないでしょうか。


これで、第86回選抜大会の記事は最後となります。

次回からは夏の甲子園大会に向けて、地方予選の下馬評や分析などの記事を書いていきますのでよろしくお願いします。

スポンサードリンク


2 Responses to “第86回選抜高校野球大会(2014)総括”

  1. 長良秀昭 より:

    愉しく読まして頂きました夏も宜しくです(^O^)

    • tanizou tanizou より:

      ありがとうございます。
      そう言っていただけると助かります。
      現在、夏の甲子園の記事をまとめていますので、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ