野菜に害を与えない!?防虫剤を手作りしよう

af7fb79b039696f8896143778a63203e 7 - 野菜に害を与えない!?防虫剤を手作りしよう

農家をしている方々の悩みと言えばなんでしょうか? おそらく多くの方は害虫の対策に頭を悩ませているかと思います。

せっかく育てた野菜が害虫に荒らされてしまったら悔しいですよね。美味しい野菜を虫に食べられてしまうのは、なんとしてでも阻止したいはずです。しかし、農薬を撒くと害虫の被害は減りますが、農薬が野菜に悪影響を与えるかもしれません。

ではどうすれば美味しい野菜を守れるでしょうか? これからそのことについて詳しくご紹介致します。


スポンサードリンク

どれほどで野菜に害を与えるか

3d46a548c170ba3731a532f1d4388608 7 - 野菜に害を与えない!?防虫剤を手作りしよう

野菜に残留した農薬が人体に害を与えることがあるのはご存知ですよね? ですが、実際にどれだけの量の農薬が害を与えるかはご存知ない方も多いと思います。これからそのことを詳しく解説します。

まず収穫された野菜に残った農薬のことを『残留農薬』と言います。この残留農薬は野菜の種類によって基準値が定められています。もし収穫した野菜に基準を超える農薬が残留していることがわかったら、市場に出すことを禁止します。

基準値には、一日許容摂取量が使われています。これはある物質(今回の場合は残留農薬)を、もし人間が生涯毎日摂取したとしても、人体に害をもたらさないであろうと予想される量のことです。

つまり、摂取した際にすぐに害をもたらすという意味の値ではなく、摂取してもこの量なら害にならないであろうという意味の値です。

残留農薬は基準値を超えない値なら、人体に害を与えることは基本的にないようですね。農薬って少しでも摂取すれば害を与えるものかと思っていた方には意外だったのではないでしょうか?


スポンサードリンク

手作り防虫剤

cbd1b6393c137ade5b92f19861437702 7 - 野菜に害を与えない!?防虫剤を手作りしよう

残留農薬が基準値を超えなければ、人体に影響を与えないことはご理解いただけたかと思います。しかし、出来ることなら害を与える可能性のある、化学農薬の使用は避けたいですね。それなら、自分で安全な防虫剤を作ってしまいましょう!

とは言うものの防虫剤を作ると言っても作り方がわからない方が多いのではないでしょうか。「費用が高いのではないか? 手作りでしっかりと効果が出るのか?」と言った不安もあるでしょう。しかしご安心ください。これから防虫剤の作り方からその効果まで詳しくご紹介致します。

実は防虫剤を作るのに、特別な道具や材料を購入したりする必要はありません! 意外と身近なもので作ることができます。何を使うのかと言うと、『お酢』を使います。お酢はどの家庭にも必ずあるかと思います。もし無い場合でもスーパーなどですぐに購入できますよね。

お酢を用意できたらまず水と混ぜましょう。このときの割合ですが、お酢は水の1/3ほどの量でOKです。そしてそのお酢と水を混ぜたものをスプレー容器に入れます。たったこれだけで完成です! これなら誰でも気軽に作ることが出来ますよね!

さらにこの防虫剤は野菜に振りかけるだけで良いので扱いも非常に簡単です。

しかし、使用する際に注意してもらいたいことがあります。それは防虫剤をかけすぎることです。お酢はかけすぎると葉や茎を傷ませてしまいます。そのためこの手作り防虫剤を使用するときは、野菜の様子を観察しながら適度に振りかけましょう。

まとめ

野菜を害虫の被害から守るために農薬を使うときは、定められた一日摂取許容量の基準値を超えないように気をつけましょう。また、化学農薬を使うことに抵抗がある場合はお酢を使って安全な防虫剤を作って害虫対策しましょう!

今回のことを参考にしていただき、美味しい野菜を作る手助けにしてくださいね。



スポンサードリンク