社会人野球2014 注目の新人選手

スポンサードリンク

社会人野球2014 注目の新人選手

社会人野球2014 注目の新人選手



山岡泰輔(瀬戸内) / boomer-44


本日は社会人野球の注目新人選手を紹介していきます。

社会人ということで、高卒及び大卒からチームへ入ることができるので、高校・大学で活躍していた注目選手を見ることができます。

ちなみに社会人野球からプロ入りするためには条件があり、高校卒業か中退で社会人入りした選手は3年大学・短大・専門学校を卒業か中退で社会人入りした選手は2年を経過しないと、ドラフトで指名することができないようになっています。

有力選手は高校卒業と同時にプロ入りすることが多いですが、社会人野球を経験した選手は、プロ入りまでに様々な面において人間的に成長できることも多いのではないでしょうか。

なので、この社会人でのプレー経験を経てのプロ野球入りでも決して遅くはないと思いますし、選手としての深みを増すことができると思います。

今回は高校・大学から社会人野球へ進んだ選手を紹介していますが、プロ野球からも日立製作所に元西武の山本淳投手JFE東日本に元楽天の加藤貴大投手がそれぞれ加入しています。

注目投手


船本一樹(JX―ENEOS)
桐蔭学園-法政大

船本投手は186センチの大型サイドスロー投手です。最速140キロ台の直球と、スライダー・シンカーといった精度の高い変化球を繰り出します。法政大学時代は、3年秋季リーグから先発の一角として頭角を現し、4年の春季リーグは4勝、秋季リーグでは2勝を挙げ、防御率は自己最高の1.13をマークしました。

山岡泰輔(東京ガス)
瀬戸内

山岡投手は最速140キロ代後半の直球と鋭い縦のスライダーを投げ分ける投手で、変化球は他にカーブやチェンジアップなどを操ります。昨年の広島県大会決勝では、昨年のドラフトで巨人から3位指名を受けた田口麗斗投手と投手戦を制し、母校を13年ぶりの甲子園へと導きました。

横田哲(セガサミー)
飯能南-上武大

横田投手は昨年の全国大学野球選手権の優勝投手です。全国大学野球選手権では4完投勝利を挙げ、上武大初優勝の原動力となりました。その魅力は、130キロ台中盤のキレのある直球に加え、多彩な変化球を操り、特にチェンジアップの精度には定評があります。

横山弘樹(NTT東日本)
宮崎日大-桐蔭横浜大

横山投手は140キロ台後半の直球とスライダー・チェンジアップといった変化球を持ち玉とする大型スリークォーター右腕です。大学入学後に肩を故障しましたが、4年生となった昨年は見事復活を果たし、全国大学野球選手権でも勝利を挙げています。

注目野手


大城戸匠理(外野手)(Honda鈴鹿)
寒川-法政大

大城戸選手は昨年の日米大学野球で首位打者に輝いた選手で、ミート力に定評のある巧打者です。また50メートル6秒の俊足と遠投110メートルの強肩も魅力の選手です。昨年の春季リーグ戦では、4割台後半の打率を維持し、首位打者にも輝いています。

河合完治(内野手)(トヨタ自動車)
中京大中京-法政大

河合選手は鋭い打球を広角に打ち分けることのできる強打者です。昨年の春季リーグでは高打率をマークし、ベストナインに選ばれています。また、守備も内野の複数ポジションを守ることができる器用さが魅力の選手です。

喜多亮太(捕手)(セガサミー)
敦賀気比

喜多選手は昨年の選抜高校野球大会にも出場した捕手で、同大会では本塁打を放つ活躍を見せています。捕手としての送球の精度と速度には定評があり、打撃も広角に打ち分けることのできる力を持っています。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ