プロ野球2014戦力分析と展望VOL.10 [ロッテ編]

スポンサードリンク

プロ野球2014戦力分析と展望VOL.10 [ロッテ編]

プロ野球2014戦力分析と展望VOL.10 [ロッテ編]



IMGP0321 / haconeji


今回は、昨季の終盤に2位から陥落するも、CSではファーストステージを突破した千葉ロッテマリーンズです。

・前年度成績
勝敗:74勝68敗2分(3位)
打率:.262(3位)
防御率:3.77(6位)

・補強選手
涌井秀章(投手)
クルーズ(内野手)
ハフマン(外野手)

昨季は先発投手陣の乱れが目立ち、それに輪をかけた投手陣の故障なども目立ちました。

野手陣は井口資仁・今江敏晃・角中勝也などが健闘し、3割近い打率を残しました。

投手陣分析


[先発ローテーション候補]

・成瀬善久
・涌井秀章
・西野勇士
・唐川侑己
・古谷拓哉
・藤岡貴裕
・グライシンガー
・石川歩

先発投手陣は、昨季に結果を残した唐川侑己・成瀬善久・西野勇士・古谷拓哉を中心に、FAで加入した涌井秀章にはかなりの期待がかかります。

また、3年目の藤岡貴裕や故障明けのグライシンガー、即戦力の石川歩が考えられると思います。その他には、大嶺祐太・阿部和成・川満寛弥といった投手にも期待です。

リリーフ陣は、服部泰卓・ロサ・松永昂大を中心に、内竜也・南昌輝・上野大樹という投手に加え、抑えには益田直也と安定感がある投手が多い印象です。

野手陣分析


[開幕オーダー予想]

1(中)加藤翔平
2(遊)鈴木大地
3(一)井口資仁
4(三)今江敏晃
6(右)角中勝也
5(指)クルーズ
7(二)根元俊一
8(捕)里崎智也
9(左)荻野貴司

まず、1番打者には昨年結果を残した、俊足で両打ちの加藤翔平を置いてみました。また、打線の中心である井口資仁・今江敏晃・角中勝也をクリーンナップとして配置しています。

全体的に巧打者が多い印象です。なので、塁上のランナーを返す長距離打者の存在が重要になってくると思います。新加入のハフマン、ルーキーの井上晴哉などの大砲の働きに期待したいです。

また、代打陣に福浦和也・サブロー・ブラゼルが控えているのは心強いです。岡田幸文・清田育宏・伊志嶺翔太もレギュラークラスだけに上記オーダーとの入れ替えもあるでしょう。

総評


FAで涌井秀章が加入したことにより、不足がちな先発投手陣が補強されたロッテは、各種評価でもかなり高評価をされていることが多いです。

中継ぎ投手は安定しているだけに、先発投手が試合を作れるかがカギになってくるのではないでしょうか。

また、野手は選手層が厚いので、チーム内競争による全体の活力の上昇が期待できます。

※プロ野球開幕情報特設ページを設置しました。ここに順位予想や補強情報、若手選手などの記事をまとめておきます。
tokusetsupng

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ