東京六大学野球(2014) 春季リーグ戦日程と注目選手

スポンサードリンク

東京六大学野球(2014) 春季リーグ戦日程と注目選手

東京六大学野球(2014) 春季リーグ戦日程と注目選手



DSC02344 / shiori.k


今日は大学野球の中でも、最も知名度が高いと言ってもいい「東京六大学野球」関連の話題です。

「東京六大学野球連盟」に所属している大学は固定で

・慶應義塾大学
・東京大学
・法政大学
・明治大学
・立教大学
・早稲田大学

の6校となっています。

明治年間の早稲田大学と慶應義塾大学の、いわゆる「早慶戦」に端を発し、大正時代頃に現在の6大学になったと言われています。

今季(2014年)の春季リーグ戦日程

東京六大学野球リーグも春季と秋季のリーグ戦があり、すでに春季リーグの日程は発表されています。

試合日 第1試合
開始時間
第1試合 第2試合
4/12 11:00 明大-東大 早大-法大
4/13 11:00 法大-早大 東大-明大
4/19 11:00 立大-法大 慶大-東大
4/20 11:00 東大-慶大 法大-立大
4/26 10:30 慶大-明大 立大-早大
4/27 10:30 早大-立大 明大-慶大
5/3 10:30 明大-法大 早大-東大
5/4 10:30 東大-早大 法大-明大
5/10 11:00 立大-東大 法大-慶大
5/11 11:00 慶大-法大 東大-立大
5/17 11:00 早大-明大 慶大-立大
5/18 11:00 立大-慶大 明大-早大
5/24 11:00 明大-立大 東大-法大
5/25 10:30 法大-東大 立大-明大
5/31 13:00 慶大-早大
6/1 13:00 早大-慶大
開会式が4月12日(土)10時15分より開催され、すぐに11時から明治大学と東京大学の試合が開催されることになっています。

そして、最終戦は6月1日(日)の早稲田大学と慶應義塾大学の試合を以て、全日程が終了することになります。

リーグ戦は、2戦先勝方式の総当たりによって行われます。なので、1勝1敗の場合は第3戦が行われることになり、どちらかが2勝しない限り対戦は終わりません。

2勝したチームには「勝ち点1」が与えられ、この勝ち点の多いチームが上位ということになります。

なお、勝ち点が同じ場合は、全体の勝率比較によって順位が決定されます。

また、春季リーグ戦の前には、毎年恒例となっている「東京六大学・社会人野球対抗戦」が開催され、41回目となる今年は、

試合日 第1試合 第2試合
3/31 明治大-三菱重工横浜 東京大-住友金属鹿島
4/1 早稲田大-かずさマジック 法政大-HONDA
4/2 立教大-NTT東日本 慶應義塾大-セガサミー
という具合に試合が組まれています。

注目の選手


では次に、今年の注目選手を見ていきます。

有原航平(早稲田大学)(投手)

有原投手は最速156キロを誇る大型右腕で、すでに今年のドラフトでも目玉候補とされています。変化球もカット・スライダー・カーブ・チェンジアップなど多彩な変化球を操ります。また、コントロールやスタミナにも定評があり、昨年の秋季リーグ戦では防御率0.72で「最優秀防御率」を獲得しています。

石田健太(法政大学)(投手)

石田投手は最速150キロの直球とスライダー・カーブ・チェンジアップを繰り出す左腕投手です。昨年の春季リーグ戦では、3試合連続で2ケタ奪三振を記録するなど、三振を取ることのできる投手として知られています。精度の高い直球と変化球を武器に、東京六大学リーグでは既に15勝をマークしています。

山崎福也(明治大学)(投手)

山崎投手は187センチの長身から投げ下ろす140キロ台の直球と落差の大きいフォークを武器とする大型左腕投手です。昨年の春秋のリーグ戦では、共にベストナインを獲得しており、すでにリーグ戦では16勝をマークするなど、今年も大きな活躍を期待をされています。

中村奨吾(早稲田大学)(二塁手)

中村選手はリストの強さと使い方が自慢の巧打者で、リーグ戦では通算70安打を記録しています。また、昨年秋のリーグ戦では4本塁打を放つなど、パワーも着々と向上しています。二塁手への転向は大学へ入ってからですが、複数のポジションを守ることができる守備力は魅力的です。

糸原健斗(明治大学)(三塁手)

糸原選手の魅力はミート力の高さで、逆方向へも強い打球を打てる打者です。高校時代の打率は通算で4割を超え、昨年の大学選手権でも首位打者を獲得しています。守備面でも複数ポジションを守れる確実性があり、昨年は春秋と2季連続でベストナインを受賞しています。

岡部通織(立教大学)(外野手)

岡部選手は広角に鋭い打球を打ち分けることのできるスラッガーで、昨年の秋季リーグでは首位打者と打点王に輝いています。秋季リーグ戦のベストナインを獲得し、本塁打数もリーグ2位と三冠王まであと一歩でした。外野守備にも定評があり、遠投90メートルの強肩を誇っています。

※2014年大学野球春季リーグ戦の成績を紹介しています。
2014daigaku-1

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ