プロ野球順位予想2017年版③【週刊ポスト編】

スポンサードリンク

プロ野球順位予想2017年版③【週刊ポスト編】

プロ野球順位予想2017年版③【週刊ポスト編】




好評をいただいている「2017年プロ野球順位予想紹介」の企画ですが、ついに本命とも言うべき元プロ野球選手及び現野球評論家の皆さんの予想がある程度たまりましたので、ここで一気に紹介をしていきます。もちろん、元プロ野球選手だからと言って、順位予想に正確性があるかと言えばそうではなく、例年並みの正答率になると思います。

今回の媒体は、『週刊ポスト』の「増刊 2017 新春スペシャル」に掲載された7名の2017年順位予想となります。この連載されたものが、『NEWS ポストセブン』にて読むことができるので、こちらを参考に記事を書いていきます。


※当該記事はコチラから↓↓

⇒ 安仁屋宗八氏「カープ連覇に敵無し」
⇒ 村上雅則氏「日ハムさらに強くなる」
⇒ 平松政次氏「巨人は森福効果大きい」
⇒ 篠塚和典氏「巨人の鍵は捕手」
⇒ 広澤克実氏「巨人の大型補強は失敗」
⇒ 遠山奬志氏「巨人、SBが地力発揮」
⇒ 江本孟紀氏「当たる気がしませんわ」



2017年プロ野球順位予想セ・リーグ編

安仁屋宗八の予想
(1)広島
(2)阪神
(3)巨人
(4)DeNA
(5)ヤクルト
(6)中日

村上雅則の予想
(1)巨人
(2)広島
(3)阪神
(4)DeNA
(5)ヤクルト
(6)中日

平松政次の予想
(1)巨人
(2)阪神
(3)中日
(4)広島
(5)ヤクルト
(6)DeNA

篠塚和典の予想
(1)巨人
(2)広島
(3)阪神
(4)ヤクルト
(5)DeNA
(6)中日

広澤克実の予想
(1)阪神
(2)広島
(3)巨人
(4)DeNA
(5)ヤクルト
(6)中日

※「ビジョンがないチームの予想は困難」との持論から、3球団を2位に予想、2球団を5位に予想。便宜上、名前が上に書かれているチームを上位にした。

遠山奬志の予想
(1)巨人
(2)DeNA
(3)阪神
(4)広島
(5)ヤクルト
(6)中日

江本孟紀の予想
(1)巨人
(2)阪神
(3)広島
(4)DeNA
(5)ヤクルト
(6)中日


2017年セ・リーグ順位予想(週刊ポスト)の短評

7名の評価のうち、最も高い評価を得たのは巨人でした。同チームOBの篠塚和典氏の言葉を借りるなら「現時点の戦力で順位を予想しろといわれれば、優勝は巨人でしょう。他球団よりも戦力が充実しているのは確かです」ということです。同氏の言うように捕手事情に不安があるのは確かですが、あの補強ぶりですからね。


巨人に次ぐ評価を得たのは、全体的に広島・阪神でした。広島は黒田引退の余波と燃え尽きが危惧されるところですが、チームの若さと勢いがあるチームですね。阪神は金本カラーが馴染み、補強に成功した糸井が機能ぶれば十分に優勝も見えてくると思います。

DeNAは昨年の実績から考えると、やや寂しい予想になりました。同球団OBの平松政次氏は「残念ですが最下位争いが濃厚です。山口の抜けた穴が埋められていない。」と厳しい評価を下しています。ヤクルト中日の2球団も全体的に評価が辛く付けられている印象です。

スポンサードリンク

2017年プロ野球順位予想パ・リーグ編

安仁屋宗八の予想
(1)ソフトバンク
(2)日本ハム
(3)西武
(4)ロッテ
(5)オリックス
(6)楽天

村上雅則の予想
(1)日本ハム
(2)ソフトバンク
(3)楽天
(4)ロッテ
(5)西武
(6)オリックス

平松政次の予想
(1)ソフトバンク
(2)日本ハム
(3)楽天
(4)ロッテ
(5)西武
(6)オリックス

篠塚和典の予想
(1)ソフトバンク
(2)日本ハム
(3)ロッテ
(4)西武
(5)楽天
(6)オリックス

広澤克実の予想
(1)ソフトバンク
(2)日本ハム
(3)ロッテ
(4)西武
(5)楽天
(6)オリックス

※「ビジョンがないチームの予想は困難」との持論から、3球団を2位に予想、2球団を5位に予想。便宜上、名前が上に書かれているチームを上位にした。

遠山奬志の予想
(1)ソフトバンク
(2)ロッテ
(3)楽天
(4)日本ハム
(5)西武
(6)オリックス

江本孟紀の予想
(1)ソフトバンク
(2)日本ハム
(3)ロッテ
(4)楽天
(5)西武
(6)オリックス


2017年パ・リーグ順位予想(週刊ポスト)の短評

日本ハム一択と見られたパ・リーグ予想は意外にもソフトバンクの評価が高く6名が優勝に予想をしています。「優勝候補筆頭はソフトバンク。2016年ドラ1入団の高橋純平(19)の成長が著しく、選手層がさらに厚くなった」(遠山奬志氏)。「ソフトバンクの戦力は他の5球団に比べて1枚も2枚も上です。やっぱり強い」(安仁屋宗八氏)といった評価です。


一方、日本ハムの優勝を予想したのは意外にも村上雅則氏のみとなりました。チームの若手が伸びてきている現状に加え、やはり大谷翔平の存在が高いようですね。唯一日本ハムをBクラスに予想した遠山奬志氏は「Aクラスに留まるのも難しい」と述べていますが。

ここからは横一線の評価ですが、ロッテがドラフト1位で即戦力・佐々木千隼獲得に成功した点、楽天がFAで岸孝之を獲得した点は大きくプラスに評価されました。一方で、かつては常勝軍団と言われた西武、2014年に優勝争いを演じたオリックスは揃って厳しい評価となりました。特にオリックスは6名が最下位予想となり、やはり金子千尋の復活が待たれるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ