第88回都市対抗野球大会(2017)の大会日程と出場枠

スポンサードリンク

第88回都市対抗野球大会(2017)の大会日程と出場枠

第88回都市対抗野球大会(2017)の大会日程と出場枠


東京ドーム_R

今年の第87回都市対抗野球大会はトヨタ自動車(豊田市)の初優勝にて幕を閉じました。1次予選・2次予選を勝ち上がった「都市の代表」である32チームが熱い戦いを演じましたね。

そして、来年(2017年)の第88回都市対抗野球大会の日程が決定しましたので記事にしていきます。すでにJABA(公益財団法人 日本野球連盟)の公式ホームページにて来年度の主要大会の日程が発表されています。


第88回都市対抗野球大会(2017)の大会日程

2017年に開催される第88回都市対抗野球大会の大会日程は、

7月14日(金)より12日間

と決定しています。今年(2016年)が7月15日より開会しているので、ほぼ同様の大会日程となっているのが分かります。開催球場は東京ドームとなっており、これも例年通りとなっています。また、東京ドームで開催される本戦に出場するためには、2度にわたって行われる予選を勝ち抜かなければならず、こちらも見ごたえのある大会となっています。


そして、例年の大会日程を基に、2017年の第88回都市対抗野球大会の関連日程を書き出してみると、


都市対抗1次予選:4月~5月
都市対抗2次予選:5月~6月

都市対抗野球大会:6下旬
都市対抗野球大会:7月14日~


このようになるでしょう。そして本戦の大会日程を考えると、以下のようになると思います。


1回戦:7月14日~19日
2回戦:7月20日~22日
準々決勝:7月22日~23日
準決勝:7月24日
決勝:7月25日


スポンサードリンク

第88回都市対抗野球大会(2017)の出場枠

そして大会の出場枠ですが、昨年の理事会にて「3年ごとに区割りの見直しを検討する」という事項が確認されています。これを踏まえると、2017年大会の区割り変更の可能性は低いと見ます。おそらく昨年と同様の出場枠になると思うので、


推薦(出場枠:1)
北海道地区(出場枠:1)
東北地区(出場枠:2)
北信越地区(出場枠:1)
北関東地区(出場枠:2)
南関東地区(出場枠:3)
東京地区(出場枠:3)
西関東地区(出場枠:2)
東海地区(出場枠:6)
近畿地区(出場枠:5)
中国地区(出場枠:2)
四国地区(出場枠:1)
九州地区(出場枠:3)


となるのではないでしょうか。推薦というのは、昨年度の優勝チームが無条件で出場できるというものです。なので、来年の推薦チームはトヨタ自動車ということになりますね。


今回の記事では、来年の第88回都市対抗野球大会について書いてみました。社会人野球の主要大会の中でも最も人気の高い大会だけに、来年の大会も盛り上がると思います。その人気の秘訣は、戦前かた続いている伝統の大会という点、さらに都市の代表という形を取っているところだと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ