2016年 注目高校球児の進路(早稲田大学推薦合格者)

スポンサードリンク

2016年 注目高校球児の進路(早稲田大学推薦合格者)

2016年 注目高校球児の進路(早稲田大学推薦合格者)


6a8767906c61683a1d073276e92cc03b_s_R

今年もこの季節がやってきました。そう、高校野球で活躍した球児たちの進路が決定する時期です。当ブログでは例年、この進路情報を書いています。毎年、一番早くに結果が分かるのが本日の記事タイトルにもあるように早稲田大なのです。

すでに大学の公式ホームページにも合格者一覧が掲載されており、PDFファイルを覗けば各スポーツ界から錚々たる顔ぶれを見ることができます。

その高校生スポーツ選手たちと共に、今年も4名の高校球児が早大に進学するようです。それではさっそく記事にしていきます。ちなみに昨年は、このような結果となっていました。


早稲田大学に推薦合格した高校球児たち

まず昨日の『日刊スポーツ』に掲載された以下の記事をご覧ください↓↓

硬式野球では今年の春夏甲子園でベスト8入りしU18アジア選手権にも出場した木更津総合(千葉)早川隆久投手ら4人が合格した。

ほかに身長2メートルの大型左腕、広陵(広島)今西拓弥投手、今夏甲子園に出場した山梨学院・滝沢虎太朗外野手、今春センバツで木更津総合・早川から本塁打を放った大阪桐蔭・吉沢一翔内野手が合格した。

引用元:『日刊スポーツ』「早大に木更津総合・早川、大阪桐蔭・吉沢ら合格」

スポンサードリンク

今回のスポーツ推薦に合格した高校球児は、


・早川隆久投手(木更津総合)
・今西拓弥投手(広陵)
・吉沢一翔内野手(大阪桐蔭)
・滝沢虎太朗外野手(山梨学院)



となりました。

この中で一番有名な選手と言えば、木更津総合早川隆久投手でしょうか。2季続けて甲子園大会に出場している点もあり、知名度は抜群に高いと思います。また、U18の日本代表にも選ばれていますね。

数ヶ月前にU18代表選手の進路情報を書いていますが、その際も初めから早大希望だったようなので念願が叶ったということです。投手としての魅力は、安定感抜群の投球技術ですね。また直球の鋭いキレにも定評のある投手です。


『日刊スポーツ』の記事タイトルにもあるように大阪桐蔭吉沢一翔内野手は、選抜大会で早川投手からホームランを放っています。鋭いスイングから放たれるパンチ力のある打撃力は高い評価を得ており、バットコントロールに加えて長打力も兼ね備えた選手であると言えるでしょう。


今夏の甲子園大会にも出場した山梨学院ですが、その主将を勤めたのが滝沢虎太朗外野手です。夏の大会では強打で勝ち上がってきたチームであり、その一角を形成したのが滝沢選手です。どちらかと言えば、率を残すタイプの打撃が持ち味の選手で、走攻守揃った選手であると言えます。

広島の名門・広陵からは長身左腕の今西拓弥投手が合格しています。今西投手は文字通り2メートルの身長から投げ下ろされる角度ある球を武器とする投手です。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ