第47回明治神宮野球大会(2016年神宮大会)出場チームが出揃う!大会展望と組み合わせ

スポンサードリンク

第47回明治神宮野球大会(2016年神宮大会)出場チームが出揃う!大会展望と組み合わせ

第47回明治神宮野球大会(2016年神宮大会)出場チームが出揃う!大会展望と組み合わせ


東京六大学野球

本日、秋季中国地区大会の決勝戦が行われ、今秋の明治神宮野球大会に出場できる全ての高校・大学が出揃いました。高校は全部で10校、大学は11チームとなっています。この1校の差で、高校野球に比べ大学野球の日程が1日長い点がミソですね。最後の最後で秋の大学日本一が決定します。

すでに今秋開催される第47回明治神宮野球大会の日程と組み合わせは決定しています。今回も同じような内容の記事になりますが、興味がある方はこちらを参考にどうぞ↓

⇒ 第47回明治神宮野球大会(2016年)高校生・大学生の部の大会日程と出場枠
⇒ 第47回明治神宮野球大会(2016年)の組み合わせトーナメント決定!


第47回明治神宮野球大会・高校生の部 大会展望と組み合わせ

jingu

大会日程:11月11日(金)~15日(火)

北海道地区代表:札幌第一
東北地区代表:仙台育英
関東地区代表:作新学院
東京地区代表:早稲田実
東海地区代表:静岡
北信越地区代表:福井工大福井
近畿地区代表:履正社
中国地区代表:宇部鴻城
四国地区代表:明徳義塾
九州地区代表:福岡大大濠


まず注目すべきは東京都大会優勝の早稲田実でしょう。マスコミ的にも大注目の高校のはずです。豪打の清宮幸太郎を擁し、激戦区の東京を勝ち抜く総合力を備えています。その早稲田実と初戦でぶつかるの静岡は、東海地区を制した投打のバランスが良さが魅力です。

今夏の甲子園大会を制した作新学院は、3年生が引退し新体制になっても関東地区を勝ち抜きました。1回戦の対戦校は甲子園常連校・明徳義塾です。こちらもプロ注目の内野手である西浦颯大を擁し、例年以上の実力を持っています。

同じく1回戦から登場するのが、仙台育英履正社です。両校とも強豪校なだけに、どのような試合展開を見せてくれるのか楽しみです。ちなみに履正社は、安田尚憲若林将平という来年のドラフト候補の2選手を擁します。その他にも2年連続で神宮大会に出場する札幌第一、8県が出場した九州地区大会を勝ち抜いた福岡大大濠も注目の高校といえるでしょう。


スポンサードリンク

第47回明治神宮野球大会・大学生の部 大会展望と組み合わせ

jingu

大会日程:11月11日(金)~16日(水)

北海道2連盟代表:東海大北海道キャンパス
東北3連盟代表:富士大
東京六大学野球連盟代表:明治大
東都大学野球連盟代表:日本大
関東5連盟第1代表:桜美林大
関東5連盟第2代表:上武大
北陸東海3連盟代表:名城大
関西5連盟第1代表:関西大
関西5連盟第2代表:大阪体育大
四国・中国3連盟代表:環太平洋大
九州3連盟代表:日本文理大


まず注目は、神宮大会への単独出場権を持つ東京六大学と東都を制した明治大と日本大です。明治大は中日からドラフト1位指名を受けた好投手・柳裕也を擁し、星知弥・佐野恵太・中道勝士もドラフト指名を受けています。4年前に東都二部に降格した日本大は、昨春に待望の一部リーグ復帰を果たし一気に優勝を飾りました。まさに”戦国東都”にふさわしい快進撃と言えるでしょう。こちらも中日から2位指名を受けた京田陽太を擁しています。

明治大の初戦は、関西地区大学野球選手権大会を制し、関西第1代表として神宮に乗り込む関西大です。また日本大は、共に初出場同士である東海大北海道キャンパス日本文理大の勝者と対戦します。

その他の大学では、5球団競合の末にロッテにドラフト1位で指名を受けた佐々木千隼を擁する桜美林大。こちらも初出場ですが、どこまで上り詰めることができるのでしょうか。阪神から2位指名を受けた小野泰己を擁する富士大、楽天4位指名の菅原秀を擁する大阪体育大も注目です。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ