第99回全国高校野球選手権大会(2017年夏の甲子園大会)日程と組み合わせ抽選会日が決定

スポンサードリンク

第99回全国高校野球選手権大会(2017年夏の甲子園大会)日程と組み合わせ抽選会日が決定

第99回全国高校野球選手権大会(2017年夏の甲子園大会)日程と組み合わせ抽選会日が決定


f54e395b7961146e6639eb345524a278_s_R

一昨日の11月2日に「全国高校野球選手権大会運営委員会」が開催されました。これから選抜大会の話題で盛り上がりそうなところですが、早くも今年の夏の甲子園大会の日程などが話し合われたようですね。2017年の大会は、第99回大会ということで、記念すべき100回大会の目前まで来ています。

春の甲子園大会と違い、夏の甲子園大会は「完全実力主義」ですから、早く日程を決めておく必要があるのかもしれません。同時に一番、盛り上がる高校野球の大会でもあります。このブログでも、一番読まれている記事は全国高校野球選手権大会関連の記事です。過去3年の統計でも、ほかジャンルより圧倒的な開きがあります。もちろん量的にも一番多いからなのですが・・・。


第99回全国高校野球選手権大会の大会日程

それでは、まず大会日程から見ていきます。この運営委員会で話し合われた内容によれば、

2017年8月7日(月)から15日間

と決定したようです。98回大会同様に、準々決勝の翌日が休養日となっているので、実質は14日にわたって試合が行われることになりそうです。使用する球場は、もちろん甲子園球場です。これも話し合いで決まったようですが、「甲子園大会」なので、当然と言えば当然です。

そして、第99回大会の組み合わせ抽選日ですが、こちらは、

2017年8月4日(金)

と決定しました。抽選会場は、例年通り大阪市北区にあるフェスティバルホールで行われます。


組み合わせ抽選会と開会式の日程ですが、なんと98回大会とまったく同じとなりました。前回はオリンピックに配慮して日程を決めたようですが、今回の大会も全く同様の日程ですね。98回大会の場合は、開会式が日曜日だったのに対し、99回大会は月曜日からの開会となります。


スポンサードリンク

第99回全国高校野球選手権大会関連日程と出場校数

そして今大会に出場できる高校数ですが、これも例年通りの49校となりました。北海道(北北海道・南北海道)、東京(東東京・西東京)の二地域のみが2校出場で、他の府県は1校のみの出場です。

これまでは、節目の大会(80回大会や90回大会)のみで出場校数が55校になっていました(埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫が増枠)。そして個人的な予想では、おそらく再来年の第100回大会から永続的に55枠になるものと推測しています。これが第100回記念大会の目玉になるのではないでしょうか。


では、続いて地方大会から夏の甲子園大会までの日程をザックリ見ていきます。


地方大会(都道府県大会)組み合わせ抽選会:6月上旬~7月上旬
地方大会(都道府県大会)期間・出場校決定:7月上旬~8月上旬
選手権大会(夏の甲子園)組み合わせ抽選会:8月4日(金)
選手権大会(夏の甲子園)開会式:8月7日(月)
選手権大会(夏の甲子園)閉会式:8月21日(月)



昨年の記事の丸コピーですが、このような日程で推移していくと思います。日程的には相当カツカツで厳しいですね。連日4試合、加えて暑さもありますし。そろそろ、この部分の改善を求めたいところです。

これから、秋の明治神宮大会、春の選抜大会と全国規模の大会が続いていきますが、やはり夏の甲子園大会は別格ですね。今後も高校や選手に注目です!

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ