秋季中国地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント

スポンサードリンク

秋季中国地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント

秋季中国地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント


本日秋季中国地区高校野球大会の組み合わせが決定しました。秋季中国地区大会は山口県で開催され、優勝校1校が今秋の明治神宮大会に出場できます。そして3~4校が来春の選抜大会へと出場できます。4校目は四国地区との比較によって決定されるため、春の甲子園大会に出場するためにはベスト4入りが必須となります。


それでは自作の組み合わせトーナメントを作成しましたので、紹介していきます↓

chugoku


スポンサードリンク

秋季中国地区高校野球大会(2016)出場校

続いて、秋季中国地区高校野球大会に出場できる16校を紹介します。


岡山県(3校)
優勝:関西 準優勝:玉島商 3位:創志学園

広島県(3校)
優勝:広島新庄 準優勝:尾道商 3位:市呉

山口県(4校)
優勝:宇部鴻城 準優勝:熊毛南 3位:徳山商工 4位:華陵

鳥取県(3校)
優勝:鳥取城北 準優勝:境 3位:米子松蔭

島根県(3校)
優勝:益田東 準優勝:立正大淞南 3位:出雲西


秋季中国地区高校野球大会(2016)大会日程

最後に中国地区高校野球大会の日程を書いておきます。


1回戦:10月28日~29日

2回戦:10月30日

準決勝:11月5日

決勝:11月6日


【使用球場】
ユーピーアールスタジアム・下関球場


まとめ

地元の山口県からは一昨年に中国地区大会で優勝している宇部鴻城が山口1位にて出場を決めました。また2位に昨夏県大会準優勝の熊毛南、さらに徳山商工華陵が出場となりました。

岡山県大会を制した甲子園常連の関西や今夏に続いて県大会優勝を決めた広島新庄も実力校だけに楽しみな大会となりそうです。さらに鳥取県優勝は鳥取城北、島根県優勝は益田東となりました。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ