2014年プロ野球順位予想[4]

スポンサードリンク

2014年プロ野球順位予想[4]

2014年プロ野球順位予想[4]



Hiyama / EO Kenny


本日は久々に2014年のプロ野球順位予想を見ていきます。

今回紹介するのは、昨年現役生活にピリオドを打った、阪神タイガースの桧山進次郎氏の予想です。

桧山氏と言えば、1990年代から2000年代前半までは不動のレギュラーとして、それ以降は「代打の神様」として、長年ファンに親しまれていた選手です。

その桧山氏は現在、朝日放送の野球解説者及び日刊スポーツの野球評論家を務めており、引退後もプロ野球に携わる仕事をされているようです。

今年の年明けの1月4日に、関西テレビにて毎年恒例となる「爆笑!2014年こうなる宣言」という番組が放送されました。

この番組は、政治経済・芸能・スポーツ・国際情勢など、さまざまなジャンルの専門家たちが、独自の情報をもとに「2014年」の予想をする番組で、関西では新年の人気番組として知られています。

この番組に出演した桧山氏は、阪神の開幕オーダーと今年のセ・リーグの順位予想を披露しました。

それでは、早速紹介していきます。

桧山進次郎のセ・リーグ順位予想


[1]阪神
[2]巨人
[3]広島
[4]DeNA
[5]中日
[6]ヤクルト

という予想になったようです。

関西の番組なので、阪神優勝という予想は、ある意味必然な流れであると言えるでしょう。

桧山氏も予想の後で、「希望」という言葉を述べていましたので。

この部分を勘案して考えると、桧山氏の正直な予想は1位と2位を逆にしたものかもしれませんね。

また同時に番組では、スタメンのオーダーも予想を行っており、

1(二)西岡剛
2(中)大和
3(遊)鳥谷敬
4(一)ゴメス
5(左)マートン
6(右)福留孝介
7(三)新井良太
8(捕)藤井彰人

というオーダーを考えたようです。

さらに、「今年のキーマンは西岡剛」「藤浪に2年目のジンクスはない」といった、阪神の選手の予想も行っていました。

また、桧山氏は1月28日にボートレース住之江にてトークショーを行いました。

ボートレース住之江では「開設57周年記念・G1・太閤賞」が開催されており、この一環として「桧山進次郎 神様トークショー」が開催されました。

この場でも、上記と同じセ・リーグ順位予想を披露し、「巨人と優勝争いをして、最後は優勝して欲しい」と述べていたようです。

※プロ野球開幕情報特設ページを設置しました。ここに順位予想や補強情報、若手選手などの記事をまとめておきます。
tokusetsupng

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ