秋季四国地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント

スポンサードリンク

秋季四国地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント

秋季四国地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント


本日秋季四国地区高校野球大会の組み合わせが決定しました。秋季四国地区大会出場校は12校と東海地区と並んで最小規模の大会となりますが、近年の四国地区の躍動を考えれば、全国の強豪校と伍する実力を持った高校が揃います。

昨年の明治神宮大会では高松商が優勝し、四国地区の選抜大会出場枠が増枠されたことは記憶に新しいことだと思います。今年の大会では、どの高校が栄冠を掴むのでしょうか。


それでは自作の組み合わせトーナメントを作成しましたので、紹介していきます↓

shikoku


スポンサードリンク

秋季四国地区高校野球大会(2016)出場校

続いて、秋季四国地区高校野球大会に出場できる12校を紹介します。


香川県(3校)
優勝:高松商 準優勝:坂出 3位:英明

愛媛県(3校)
優勝:宇和島東 準優勝:帝京五 3位:済美

徳島県(3校)
優勝:生光学園 準優勝:鳴門渦潮 3位:徳島北

高知県(3校)
優勝:中村 準優勝:明徳義塾 3位:岡豊


秋季四国地区高校野球大会(2016)大会日程

最後に四国地区高校野球大会の日程を書いておきます。


1回戦:10月22日

2回戦:10月23日

準決勝:10月29日

決勝:10月30日


【使用球場】
松山坊っちゃんスタジアム


まとめ

昨年の秋季四国地区大会を制し、明治神宮野球大会でも優勝を決めた高松商は、帝京五岡豊の勝利チームとの対戦になります。四国地区大会は各県から3校ずつの出場なので、1回戦は2位高校と3位高校の対戦、1位高校は2回戦からの登場となります。同じく香川県の英明は5年連続で地区大会への出場を決めました。

高知県からは40年ぶりに県大会を制した中村が選抜出場を狙います。同県準優勝で甲子園常連校である明徳義塾は地区大会初出場の徳島北と対戦が決まっています。愛媛県では伝統校の宇和島東、徳島県からはこちらも強豪の生光学園が優勝を果たしました。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ