秋季九州地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント

スポンサードリンク

秋季九州地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント

秋季九州地区高校野球大会(2016)の組み合わせトーナメント


本日秋季九州地区高校野球大会の組み合わせが決定しました。今秋の明治神宮大会、そして来春の選抜高校野球大会出場を目指して22日から開幕となります。明治神宮大会出場は優勝校1校のみですが、選抜大会の出場枠は4校となっています。順当に行けば、今大会で準決勝に進出した段階で出場圏内となります。


それでは自作の組み合わせトーナメントを作成しましたので、紹介していきます↓

kyushu


スポンサードリンク

秋季九州地区高校野球大会(2016)出場校

続いて、秋季九州地区高校野球大会に出場できる18校を紹介します。


福岡県(2校)
優勝:福岡大大濠 準優勝:東海大福岡

佐賀県(2校)
優勝:佐賀北 準優勝:佐賀商

長崎県(2校)
優勝:長崎日大 準優勝:長崎東

大分県(4校)
優勝:明豊 準優勝:杵築 3位:大分商 4位:大分西

熊本県(2校)
優勝:秀岳館 準優勝:熊本工

宮崎県(2校)
優勝:鵬翔 準優勝:高千穂

鹿児島県(2校)
優勝:れいめい 準優勝:鹿児島実

沖縄県(2校)
優勝:美来工科 準優勝:興南


秋季九州地区高校野球大会(2016)大会日程

最後に九州地区高校野球大会の日程を書いておきます。


1回戦:10月22日

2回戦:10月22日~23日

準々決勝:10月24日

準決勝:10月26日

決勝:10月27日


【使用球場】
別大興産スタジアム・臼杵市民球場


まとめ

今大会最多の4校が出場できる大分県からは、甲子園常連校の明豊をはじめ杵築大分商大分西が出場となっています。また今夏に続いて秋季県大会を制した秀岳館も前世代に負けず有力選手が揃っています。夏の優勝候補筆頭に挙げられながら敗れた福岡大大濠も巻き返しを目指し、有力選手を揃えるれいめい、新鋭の美来工科や42季ぶりに秋を制した鵬翔も楽しみな高校となります。

過去に甲子園を制した興南長崎日大佐賀北、伝統校の佐賀商熊本工鹿児島実といった高校からも目が離せませんね。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ