第89回選抜高校野球大会(2017春の甲子園)大会日程と出場校決定日

スポンサードリンク

第89回選抜高校野球大会(2017春の甲子園)大会日程と出場校決定日

第89回選抜高校野球大会(2017春の甲子園)大会日程と出場校決定日


阪神甲子園球場_R

9月7日に来春の第89回選抜高校野球大会の第1回運営委員会が開催されました。今年の第98回全国高等学校選手権大会(夏の甲子園大会)が終わって1ヶ月も経たないうちに、選抜大会(春の甲子園大会)のことが話し合われたようです。

来春で89回目を迎える春の甲子園大会ですが、夏の甲子園大会との大きな違いは「選考委員」が出場校を決定する点です。現在開催中の秋季大会の結果を見ながら、選ばれた選考委員が各地区ごとに出場校を決定します。地区ごとに出場枠が決まっているので、やや理不尽な点もありますが、これが選抜大会の醍醐味と言えるでしょう。


第89回選抜高校野球大会の大会日程

第89回選抜高校野球大会は以下のような大会日程となりました。

2017年3月19日から12日間(休養日含む)

第88回大会が20日より開会だったので、大きな違いはありませんね。例年の大会日程を参考にすると、あくまで予想ですが、


3月19日~24日:1回戦
3月24日~26日:2回戦
3月27日:準々決勝
3月28日:休養日
3月29日:準決勝
3月30日:決勝



こんな感じになると思います。1日に4試合を行う夏の甲子園大会と比べると、出場校数が少ないこともありますが、比較的緩やかな日程となっています。天候も穏やかな中で試合が行われるので、コンディションも良い状態で試合に臨めることと思います。

さらに、組み合わせ抽選会が3月10日に行われることも決定しています。出場校が32校となるので、夏の甲子園大会と違い、抽選日に決定した組み合わせ通りに試合が進んでいきます。また、組み合わせトーナメントも複雑ではありません。


スポンサードリンク

出場校決定日と出場枠

第1回運営委員会によれば出場校32校が決定されるのは、

1月27日(金)

となりました。この日は選考委員会が開催され、第98回大会に出場する32校の選考が行われます。その際の出場枠ですが、こちらも例年通りで変更なく、


一般選考枠:28校
北海道地区(1校)
東北地区(2校)
関東・東京地区(6校)
北信越地区(2校)
東海地区(2校)
近畿地区(6校)
中国・四国地区(5校)
九州地区(4校)

明治神宮大会枠:1校

21世紀枠:3校


となっています。

この出場枠に関しては、もう少し検討した方が良いと思いますが、おそらく90回大会あたりで変更があるものと予想しています。出場校32校というのが、一番トーナメントを組みやすいので出場校数の変更はないと思いますが、出場枠は少し弄った方が公平感が出るでしょう。

※出場枠について参考記事

⇒ 選抜高校野球大会(春の甲子園)選考基準と出場枠
⇒ 選抜高校野球大会(春の甲子園)21世紀枠の選考基準と出場過程


秋季大会に関しては、当ブログでも「高校野球秋季大会(2016年)・第47回明治神宮野球大会(高校・大学)特設ページ」を設置しているので、これからの展望を考える意味でも参考にしていただけましたら。

※さらに出場校予想も行いました↓

⇒ 第89回選抜高校野球大会(2017年春の甲子園)の出場予想 ~一般出場枠28校編~


まとめ

最後に、ここまでの日程をまとめてみると、


1月27日:出場校決定
3月10日:組み合わせ決定
3月19日:大会開会
3月30日:大会閉会



このようになりました。まずは出場校の大枠が決まる「秋季地区大会」に注目しておきましょう!今秋開催の「明治神宮野球大会」の出場校も、この地区大会優勝が条件となります。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ